プレゼント オレ日記 2006年11月
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■ぷー 


温泉のニオイがするっっ!!!

くせぇぇぇぇ!!!!!!!!!

このガキ、屁をこきやがったぁぁ!!!!!



スポンサーサイト
[ 2006/11/29 08:52 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(4)

■チキンフィレオ 


こんにちは、具です。

いや、新鮮な国産ハーブ鳥を使用してるのはわかるけどさぁ。

生やん。新鮮すぎるやん。新鮮すぎてちゅんちゅん言いよるやん。悲しそうな瞳で明後日の方向見つめよるやん。今までの人生を振り返りよるやん。しかもパン食べよるやん。具がパン食べよるやん。具が具を包むパン系の何かを食べよるやん。こんなん食べれんやん。新鮮すぎて食べれんやん。

せめてチンして。



[ 2006/11/29 08:52 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■こんなこといいな できたらいいな 


しかものび太さんが受け身!?

「の…のび太くん…ほら…ビッグライトでこんなになった僕の…」

「あん…あんっ…あんっ…とっても…とっても大好き…ドラえも…」


ちょ!!のび太さんとドラちゃんっ!!!!!!!!!



[ 2006/11/26 21:06 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(4)

■夕焼け小焼けでまた明日 


もう五時じゃん!!

やば、いつの間にかこんな時間だ。

やば、兄ちゃん、急いで帰らないとまた母ちゃんに怒られるぞ。



[ 2006/11/26 21:00 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■貴重な産卵シーン 


またかよ

ロッカーにボール忘れちゃったからお前産めよ。

じゃあ、お前が仕込んでくれよ。

わかったよ、ちょっと種付けするよ。

おっと、射精したよ。

おっと、受精したよ。

じゃあ、さっさと産んでくれよ。

ちょっと今真剣なんだから話かけるなよ。

おっと、わりぃわりぃ。

ひーひーふー、ひーひー、ふん!!

おお、元気なナイキ出たよナイキ。



[ 2006/11/24 00:28 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■汚れのない笑顔 


絶対返すって

大丈夫だって、必ず給料日には返すって。



[ 2006/11/24 00:27 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■現実から目を背けるな 


父の勇姿を見届けろ

よく見ろ、目を背けるな。

父の姿を瞳に焼き付けるんだ。あれがお前らの父の姿。あの姿を、この光景を、特とその瞳に焼き付けろ。そして忘れるんじゃない。誇りに思うんだ。お前らの父の偉大さを忘れるんじゃない。

「ううっ…ううっ…」

泣くな!父の最期を見届けるんだ!その瞳に焼き付けろ、あれが男の背中だ。この背中がお前らを育てたんだ。そしてあの背中が、お前らがこれから目指す未来だ。よく見ろ、目を背けるな。

「ううっ…あれ僕らのお父さんじゃない…」

え、ウソ、まじで? いや、あそこの今にも倒れそうな犬をお前らが見つめてたから、てっきりおじさんはあれがお前らのお父さんかと思っちゃった。うわ、全然関係なかったんだ、ごめん。この年齢にもなっておてんばでごめん。何かおじさんかっこいい事言いたかったんよ。かっこいい事言いたいお年頃だったんよ。

「しかもあれ犬じゃなくってバスクリンだし…」

え、ウソ、まじで? いや、おじさん老眼だからさ、ほら今日コンタクト忘れちゃったし、ほら、メガネかけたら眉間のとこが赤いアザみたいになるやん。それに今はコンタクトも使い捨てで便利だしさ、ほら、メガネだったら顔の印象変わるやん。だからあれは犬と思ってたどころか何にも見えてないんだよね実は。

「ところでおじさん誰?」

いや、あの、おじさんはね、あの、その、迷子。いや、迷子系。

「いい年して迷子?」

いや、あの、迷子っていうか、ご主人様とはぐれてしまって帰り道がわかんなくなっちゃっただけなんだけど、かっこよく言えば自由人っていうか自由犬っていうか。まぁ、迷子か迷子じゃないかと言われたら迷子だというか、ギリギリ迷子の枠に入るというか。

「ご主人様の背中を見届け損ねたって事ね」

う、うん。目を背けちゃって…。ううっ…ううっ…。



[ 2006/11/24 00:27 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■回れ右 


お箸を持つほう!!

回れ右!!

ちょ!お前それ左!!回れ左過ぎ!!ほらオレとめっちゃ向かい合ってるじゃん!!おい!なんでほっぺたを真っ赤にして視線を逸らした!?恋しちゃったのか!?恋か!?恋なのか!?

お前、一番身長が低いのに「前にならえ」した時、腰に手を当てないで普通に前にならえしちゃうタイプだろ!?おい!なんでほっぺたを真っ赤にして瞳をそっと閉じた!?キスか!?キスをして欲しいのか!?



[ 2006/11/19 22:44 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(8)

■地球の呼吸 


聞いてごらん

大地に耳を当てると、地球の息吹が聞こえてくるよ。

「すーはー すーはー」

それは土が呼吸する音ですよ。

「うんしょ うんしょ」

それは若い芽が根を張る声ですよ。

「だれかー だれかー」

それは秘密を知ってしまった為に生き埋めにされた管理職が、いや、あの、それは地球の征服を目論む地底人系の何か、いや、パート、土の中で働いているパート、そう、パートだ、パートがトイレに行きたくて、ほら、ライン作業だから勝手にトイレに行けないじゃん、だから社員に交代を求めている声、声ですよ。



[ 2006/11/19 22:43 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■ゴリラの事件簿 


謎は全て解けた!

待てよ、本当に犯人は外部のゴリラなのか?

確かにあの夜、このペンションにいる全員にはアリバイがあった。しかし、ペンションは山の頂上にあり、これだけの雪が降っている。あれだけ積もった雪の中を車で乗り入れる事は不可能だし、ましてやゴリラだ。車を運転する事は出来ない。運転出来たとしても試験場で免許をくれない。かといって徒歩で行動するには自殺行為だ。外部のゴリラの犯行とは、とても思えない。

十時十五分から十九分まで、約四分間の謎の停電。外れていた電話のモジュラージャック。そしてあのゴリラのあの発言。何なんだ、この胸に残るこの違和感。脂っこいものを食べた翌日のような胸の違和感。える、しっているか、ゴリラは脂っこいものはたべない。

あ、そういえば美雪(メスゴリラ 二歳)に借りてた本を返さなきゃ。

いてぇ!いてててて、つまずいちゃったよ。誰だこんなとこに北京ダックを置いてたのは。あーあ、美雪(メスゴリラ 二歳)に借りてた本がぐちゃぐちゃになってしまったじゃねーか。なんで廊下の床に北京ダックなんて置いてるんだよ。

え・・・北京ダック・・・?

そうか!その手があったか!!こういうトリックか!これだとあのアリバイは完全に崩れる!!剣持のおっさん(オスゴリラ 三歳)!ここにいるゴリラを今すぐロビーに集めてくれ!!



[ 2006/11/19 21:00 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(5)

■おっぱいキャッチャー 


取りたいけど恥ずかしい

未確認飛行物体が、時空を超え、大気圏を越えてまでおっぱいをキャッチ。

今ではどこにでもUFOキャッチャーが設置されてますね。ゲームセンターだけでなく、カラオケ屋の受付付近や、ちょっとしたスーパーや本屋さんの一角でも、あの軽快なメロディが流れています。あのメロディですよあのメロディ、言葉で表せない文章に出来ないあのメロディ。今これを書きながら口ずさんでいるので、貴女に届けこのメロディ。

しかも昔は全て1プレイ100円だったのに、今やほとんどが1プレイ200円や300円。その分、景品もグレードアップしてますが、とても高い。昔は千葉県在住のネズミや、機械ネコのぬいぐるみが多かったんですが、今ではラジコンや香水、挙句の果てには伊勢海老までキャッチさせられてる始末。これ以上何を掴まされるというのか。

でもそれだけ種類が増え、プレイ単価が上がっていても人気があるのは、UFOキャッチャーが庶民の生活に深く浸透しているからなんでしょう。もうUFOキャッチャーがなければ生きていけないっ!貴方無しでは生きていけないのっ!もう掴まずにはいられないのっ!違うっ!もっと右!もっと奥!ああっ!もっと奥ぅぅぅぅ!!

という事はですよ奥さん。世の中の女性は前年比40パーセント増(国土交通省調べ)でUFOキャッチャーに首ったけなんですよ。もう他の男に抱かれながらも、頭の中はUFOキャッチャーを考えているんですよ。

だからオレはこの右腕を機械にする。この右腕をアームに改造し、左太ももあたりに1のボタンと2のボタンを設置しよう。そして街を歩く女性に100円を渡すんです。そしてあのメロディを口ずさむんです。それだけでおっぱいを簡単に触れる方法を開発した。

てーててん!ててーてててて!てーてーてん!(1のボタンを押す)

ぐわんぐわんぐわんぐわん!(2のボタンを押す)

きゅるるんきゅるるんきゅるるん!(2のボタンを離す)

ちゅるるるちゅるるるちゅるるる!(ああ、もう少し右!)

どぅるどぅるどぅるどぅる!(引っかかれ!おっぱいとブラジャーの隙間に引っかかれ!)

みたいなみたいな。

狙いは貧乳が付けてる大きめなブラジャーの隙間。あそこはおっぱいとパッドの間に空間が大きく開いてるからキャッチしやすい。しかも失敗しても乳首に引っかかる可能性だってあるし。成功したら、掴んだその手を絶対離すな。



[ 2006/11/19 21:00 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■馬跳び 


うわっ!!

小学生の頃、馬跳びが流行ったもんだった。

友人が馬のように中腰になり、助走を付けてそれを飛び越える。跳び箱と同じ要領で、助走のスピード、そして手をつくタイミング。これをマスターすれば、本物の馬だって飛び越えられるさ。そう信じて、僕達は夕日の沈む校庭でサルのように毎日飛んでいたもんだった。まぁ本物の馬を飛び越える機会も意味も無いんだけど。

部活の練習でもやらされたもんだ。集団で円状の馬になり、それをひたすら飛び越えて行く。飛んだ人間は馬になり、馬だった人間は飛んで行く。カンカンに照る真夏の太陽の下で、その練習はハード以外の何者でも無かった。疲労で倒れる者、足が攣って苦しむ者、そしてそれに激を飛ばす者。何の意味があるのかわからない、根拠の無い練習。あれは地獄だった。まぁ、帰宅部だったので見てただけだけど。

僕が馬だった時代。僕が敵に背中を見せたのは、この時が初めてだった。常に冷戦が行なわれている戦地で生まれた僕は、敵に背を向ける事は、イコール死であった。誰から教わるでも無く、生きる為に自分で学んだサバイバル術。経験から身に付けた知識。しかし、死よりも体育教師が怖かったのでおとなしく馬になった。まぁ冷戦といっても帰りの会での女子との冷戦だけど。

今まさに自分の上を人が飛んで行く瞬間。中腰になり下を向いている横から、小刻みな助走の砂を蹴る音が聞こえる。十分なスピードに乗った友達が、いざ僕の背中に手を着こうとした瞬間、僕は靴紐がほどけている事に気付いた。そしてそれを結ぶ為、僕はしゃがみこんだ。まぁマジックテープの靴だったんだけど。

「うわっ!!」

着こうとした手の行き場を無くした彼は、トップスピードのまま、前のめりに地面へと顔面から突っ込んで行った。顔を擦りむいたのか、それとも鼻血なのか、それとも生理なのか判別出来ない程、そこには血が流れていた。これこそ合気の極意。僕は手を触れる事無く、相手の力だけを利用して、彼をノックアウトする事が出来た瞬間だった。これが後に伝わった「馬フェイント」である。かの宮本武蔵も、この「馬フェイント」で佐々木小次郎を倒したとか倒してないとか。

その日以来、馬跳びをしている連中の中から「うわっ!!」という声が消える日は無かった。比例して増える怪我人の数。保健室には毎日沢山の児童で溢れていた。治療を受ける者、痛みで泣き叫ぶ者、保健室の先生と関係を持つ者。この年をきっかけに、赤チンの消費量は年々右肩上がりだという(厚生省調べ)

しかし僕にもその日がやってきた。まさか「馬フェイント」を発明した僕までもが、保健室のお世話になるとは夢にも思わなかった。あれは忘れもしない小五の夏、いや、小四の秋、いや六年生の時だったっけ、まぁそこらへんの事だった。フェイントに引っかかった僕は、顔面を血だらけにして保健室へと向かった。

ドアを開けた瞬間に広がる薬品の香り。しかし、保健室の先生の姿がどこにも見当たらない。その時、換気の為に少し開けていたのであろう窓の隙間から強い風が入り込み、その風はベットを遮断したカーテンを捲くり上げた。捲くり上がったカーテンの向こうには、ベットの上で一人淫らな行為をしている保健室の先生の姿。僕はその場で固まってしまった。

「見てしまったのね」

肌けた看護服の間から見える先生の白い肌。柔らかそうな球体の膨らみ。張り詰めた静寂の中、僕の生唾を飲み込む音だけが響き渡る。僕は金縛りにあったかのように、その場から動けないでいる。そしてゆっくりと手招きする先生の右手。

ベットの方に二・三歩進むと、先生はガーゼで僕の額から流れる血を拭いてくれた。簡単な治療を済まされた後、僕はそのまま僕は押し倒されるようにベットへと運ばれた。そして先生は、

(中略)

もう九時だから会社に行かなきゃ。



[ 2006/11/17 09:02 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(9)

■何か踏んだ!! 


うんこと思って踏んだらガムだった!!

うわ、ガム踏んじゃった。

うわ、ここの角に擦り付けても取れねー。



[ 2006/11/14 18:40 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■待ってよ!! 


どこ行くん!?

ちょ、やっぱり僕も行く!!

ちょっと待ってよお母さん!!



[ 2006/11/14 12:39 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■もう9時じゃん!! 


ああhsふぉいssh!!

やべ!二度寝した!!

やべ!学校に遅刻する!!



[ 2006/11/14 09:00 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■衝撃の告白 


ちょ!母ちゃん!!

ちょ!じゃあオレ誰の子よ!?



[ 2006/11/13 21:37 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■電車内で寝るのは危険かも知れません 


この親父の服装が愛しい

(キスしたい)



[ 2006/11/13 18:36 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(5)

■カエル親子の会話 


嬉しいね。 うん、嬉しいね。

おお、お前もついにこの体勢が出来るようになったか。

うん、お父さんが会社に行ってる間に練習したもん。

おお、お前もこれで四級だな。

うん、次は三級目指して頑張るよ。

ほら、お前の下を見てごらん。

うん、僕も気付いてるよ。

ほら、若いメスガエルがこの体勢見て照れてるだろ。

うん、ほっぺたを真っ赤にして目線を逸らしてるね。

ほら、気持ちいいだろ。

うん、気持ちいいねぇ。



[ 2006/11/13 15:00 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■洋服を着ている犬の気持ち 


七分丈

上半身だけ洋服着てる犬がいるじゃん。

洋服を着てるのか、それとも着せられてるのかわからない犬が。オレは犬を飼った事がないし、もちろん犬でもないからわからないんだけど、あれってどうなのかな。あったかくて嬉しいのかな、それとも実は鬱陶しいと思ってるのかな。

動物だから、気温の変化に対応出来る自動調節メカみたいなのが内蔵されている気がするんだけど、鼻水垂らしてる犬だっているし、やっぱりあったかいのかな。

もし、あったかいとしても、自分で洋服が選べないのがつらいよな。オレが小学生の頃は、お母さんがニチイやユニードで買って来た服を着てたんだけど、ときどき着るのが嫌な服もあったもんな。胸にでっかく「USA」とか書いてあるトレーナーとか。当時、思わず「欧米か!」と突っ込んだもんだ。置き手紙で。

今、ふと思ったのが、人間も昔は裸だったんだけど、洋服を着る事になって、裸になるのが恥ずかしくなったって事。って事は洋服を着せられた犬も、洋服を着せられない日はめっちゃ恥ずかしいんじゃないのかって。特にメス犬とか。

今、ふと思ったのが、逆に周りのオス犬なんて興奮するんだろーなって事。「お!タエちゃん今日は全裸だ!!」みたいな。でもそれと逆で「うわ!上半身だけ洋服着てるのがエロかったのに!!」みたいに落ち込むオス犬もいると思う。人間界にも「下半身だけ脱いでるエロビデオフェチ」っているじゃん。それと同じで。

ちなみにオレは全裸なのに靴下だけ履いてるのフェチ。しかも白い靴下で、靴下の裏が汚れていたら更にベスト。

今、ふと思ったのが、何が更にベストなんだろう。何をドサクサに紛れて性癖を全体に公開してるんだろう。



[ 2006/11/13 07:33 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■ひさびさの再会 


ちっす!

よっ!元気でやってるか!?

オレだよオレ!薬師丸だよ薬師丸!!何だよ久しぶりだな、お前はまだ人間やってるのか。大変だなぁ、でも元気そうで何よりだよ。

オレは三年前に豆腐の角で頭打って死んじゃってさぁ、輪廻転生で何とかこの世に戻ってこれたんだけど、新しい人生は虫だぜ虫。鳥の野郎に食べられないように生きるのって結構大変だぜ。

いいよなぁ人間って。オレも人間の頃は楽しかったよ。食い物にも困らないし、布団だって暖かいし、それより何より食物連鎖の一番上にいるじゃないか。食べられる恐怖に震える必要がないじゃないか。

それなのに人間界って、相変わらず自殺してる奴が多いらしいじゃないか。まったく人間ってのはお気楽でいいよな。オレなんて首吊るにも縄は太すぎるし、高いとこから飛び降りても体重軽いから痛くもないんだよ。自殺なんて出来ない体質なんだよ。

経験者だから語らせてもらうけど、あの世って結構大変そうだぜ。死んだ奴はみんな「またあの世界で生きたい」って口を揃えて言ってるもんな。

オレももちろんそうだったぜ。閻魔の野郎に蘇らせてくれってお願いしてさ、「虫だったらいいよん」って言われた瞬間オッケーしたもんな。虫の「ム」の字が出た瞬間にオッケーしたもん。閻魔の野郎に上から目線で言われたけどオッケーしたもん。虫として一生懸命生きたら、今度は人間にさせてくれるって言うからさ、それだったらまぁ虫でもいいかなって思っ

うわ!鳥が来た!!

んなわけでまたな!命は大事にな!!あばよ!!



[ 2006/11/13 03:32 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(7)

■伝説のバンド 


めっちゃ自然

BOØWYは伝説のバンドだった。

氷室京介の突き刺さる声と、圧倒的なカリスマ性。
布袋寅泰の泣き叫ぶメロディと、空気をも切り裂くカッティング。
松井恒松の生み出す重低音と、自己主張するダウンピッキング。

そしてタモリの雑談、タモリのおしゃべり。

only you たった一度(一度と言わず二度三度)
only you お前だけに(前だけ前だけ後ろはイヤよ)

カッコ内がタモリのパート。



[ 2006/11/12 20:20 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(4)

■姉とセックスしました 


そういうことなんだ

やあ、ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、このタイトルを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない

「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、この日記を書いたんだ。

じゃあ、注文を聞こうか。



[ 2006/11/09 20:45 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(9)

■あのアイドルがついに脱いだ! 


全身ヘアヌード

きっとゴリラ界のグラビアアイドル。

きっと他じゃ見れない独占セミヌード。

きっとオスゴリラどもは右クリ保存。



[ 2006/11/09 19:00 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(5)

■大人はキレイ好き 


子供が潔癖に育ってしまうぜ

「この洗剤、殺菌力が強いんだ」

「このティッシュは衛生的なのね」

「鼻クソの交換しようぜっ!!」



[ 2006/11/09 12:10 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■ちょっとその人形貸して 


く、来るなっ!!

こ、この子は僕が全力で守るっ!!



[ 2006/11/09 08:42 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■しっぽのハート 


イチャついてんじゃねーよ

それは二匹の愛なのか、アロンアルファ(しかもゼリー状瞬間)でいたずらされたのか。

まさにネコ界のオリバ&ゲバル。

いつまで経っても離さない、いつまで経っても離れない。



[ 2006/11/09 08:41 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■ライオンなんて人差し指一本なのです 


そして彼(オス)は目覚めた

「ほい」

「うぎゃ」



[ 2006/11/09 08:40 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■自分の命は自分で守れ 


あのトラックを破壊すれば・・・


あのトラックを襲撃するんだぞ。

あのトラックは今からホームセンターに向かうんだ。

オレらの天敵なピンク色の缶スプレーを積んでな。

お前もピンクになりたくなかったら頑張れよ。



[ 2006/11/06 21:29 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■フリーザでちゅ 


仲間割れでちゅ

あまりにもタマが泣くので、ママが気功砲してるでちゅねぇ。

さっさとそのゴミを片付けるでちゅ。



[ 2006/11/06 19:26 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■プレゼント 


あいつの目はマジだ

なぁに小林くん、大事なプレゼントって。

こんな忙しい時に呼び出しちゃって、つまらないプレゼントだったら蹴り飛ばすからね。宇宙の果てまで蹴り飛ばすからね。海王星の次まで蹴り飛ばすからね。水金地火木土天海コバヤシにするからね。

さぁ、その後ろに隠したプレゼントをちょうだい。

赤いルビーかしら、それともダイヤモンドかしら。もしかしてプラダのバッグ、いや高級車かしら、それとも庭付き一戸建てかしら。花束だったりしたら、蹴り飛ばすからね。額に「ちょうせんじょう」と書いて、キャプテン翼みたいにあの丘の上から若林くんの家まで蹴り飛ばすからね。

ねぇ、なんでそんなに震えてるのよ。



[ 2006/11/06 08:25 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(7)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。