プレゼント オレ日記 2008年05月
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■新合体必殺技「田口」 


ミド 「ぼ、勃起しちゃう!」

新合体必殺技「田口」

デンジレッドがもう少し頑張れば新合体必殺技「田口」

デンジグリーンの股間丸見え新合体必殺技「田口」

田口先輩の兄ちゃんはヤクザやけんね。

だから怪人も震え上がる新合体必殺技「田口」



スポンサーサイト
[ 2008/05/13 04:36 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(4)

■日本球界の決断 


審判は常に正確で無くてはならない。

誤審は決して許されない。

たった1度の裁定ミスが、ゲームの行方を大きく変える。

それだけ審判という職業は、責任重大なのだ。


しかしここ数年、日米問わず、野球界では誤審が相次いでいる。

審判自体のレベルが低下しているのだ。

だが審判の裁定は絶対である。

例えそれが明らかな誤審であったとしても。


プレイしている選手は必死なのだ。

この日の為に、血の滲む練習をしているに違いない。

最高のプレイをしても、誤審により涙を飲んだ選手も数知れない。

しかし1度下された判定は、もう2度と覆らないのである。


それにより日本球界は大ダメージを受けていた。

誤審の多さにより、選手やファンが審判への不信感を抱くようになった。

審判を裏で操る影の黒幕の存在すら、囁かれるようになったのである。

結果、野球人口は減少し、次第にファンも離れて行った。

当然、視聴率も低下し、冠スポンサーも相次いで撤退を始めた。


そこで日本野球連盟は緊急会議を行なった。

その会議には審判団も出席し、毎晩遅くまで会議は続いたという。

そして満場一致で決定した対策方法。

“審判60人制度導入”





やる気なし

まず、各塁に審判を15人ずつ配置する。

それにより計60人、120個の目で確実な判定を行なう事が可能となった。

微妙な判定の際は、多数決によって決定される。

審判にボールが当たった場合は、アブラ虫としてノーカウントになる。


日本野球連盟は、審判を多数雇用し、人件費として多額の予算を組んだ。

年間にして数億円の痛手となるが、背に腹は代えられない。

その努力が報われてか、誤審は明らかに減る事となった。

そして日本球界は、かつての賑やかさを取り戻す事が出来た。


一方アメリカは、ビデオ裁定を導入した。



[ 2008/05/13 04:35 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■ボーナスステージ 


金属バットは使用出来ません

30秒間ひたすら壊しまくれ。



新弟子を。



[ 2008/05/13 04:33 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■名前の由来 


恩田くん、店長が呼んでいたわよ。

うわ、嫌な予感がする。
あのハゲ店長嫌いなんだよな・・・。

早く行かないと、また怒られちゃうわよ。

そ、そうだね、行ってくる。



おいアルバイトの恩田くん。
ちょっとこの植物を表に陳列してくれないか。

あ、すみません伊藤店長。
今から休憩に入るんですよ。

ふーん、店長の命令が聞けないってわけ?
キミの代わりは何人でもいるんだよ。

わ、わかりましたよ伊藤店長。
今すぐ陳列しておきます。

あ、あと値札も貼っておいてね。
えっと、税込み180円で書いててね。

あ、はい、わかりました・・・。
これは何という植物なんですか?

知らないよ、そんなの。
発注は本部が一括してやってるからな、

と言われましても困りますよ。
値札に商品名も書かないといけないじゃないですか。

そんなの適当に書いてろよ。
何かそれっぽい名前書いてろ。

そんな事言われても困りますよ。
伊藤店長が決めてくださいよ。

うるせえよ、お前が書けって言ってんだろ。
オレは今から休憩に入るんだよ。

あ、はい、わかりました・・・。
本当に名前は何でもいいんですね。

いいって言ってんだろうが! しつけーな!
頭にパっと浮かんだ言葉でも付けてろ!

あ、はいっ!





浮かんだ事、浮かんだ事っと。

恩田くん、店長が呼んでいたわよ。



[ 2008/05/10 21:12 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■1億円プレイヤー 


オレにそんな期待するなってば

恥ずかしいから、あんま1億円とか言わんでっ!



[ 2008/05/10 02:25 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■ヒツジと岩 ~ヒツジの肉はラムですが、ロックといえばラムーです~ 


しまった

やばい、ミシって音がした。

やばい、これは落ちる。
少しでも体重を軽くしないと非常にやばい。

そうだ、この毛を刈ろう。
すると体重も軽くなって、負担も少なくなる。

結局毛を刈るのなら、あの時逃げなきゃ良かった。
メリーさんに刈らせときゃ良かった。


やばい、またミシって音がした。


あ、あんなところに通りすがりの床屋さんが!
お、おーい!!


「これは大変だ! 今助けてやるからな!」


ちょ、ちょっと待ってください!
この岩はギリなんです! ミシって音がしよるんです!

だからこっちには来ないでください!
少しでも重みが増した時点で落下してしまいます!

だから毛を刈って、少しでも軽くしたいんです!
そこにタイミングよく、通りすがりの床屋さんが現れたのです!


「じゃあ、私が刈ってあげよう!」


ちょ、貴様何回も言わせんな!
こっち来たら落ちるって言ってんだろうが! このアイパー野郎!

だから自分で刈るから、自分で刈りますから!
そのお腰に付けたバリカン(スキカル)を貸してください!


「よ、よーし! じゃあ投げるぞ!」


おう! ばっちこーい!


「せやっ!(バリカンを投げた音)」


「とりゃ!(バリカンを受け取った音)」


「あー!!(重みで落下していく音)」



[ 2008/05/10 02:25 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■そんなの関係ねー 


そこに駐車しちゃダメだよ。
見えないのか? 標識に車イスの人専用って書いてるじゃないか。

ちゃんとルールは守れよ。
だからそこもダメだってば、そこも標識で制限されてるだろ?





関係ない事ばかりじゃないんだよ

「そんなの関係ねー」



[ 2008/05/10 02:18 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■ダイエットしたくなるベルト 


このアイデアでさ、長い長いコンドームを作るの。巻いてある部分が長い長いコンドーム作るの。そんでそれを根元までつけて、根元部分の数字を見て、自動的にちんこサイズがわかるシステムにするんだよ。すると「いつも勃起すると17センチなんだけど、お前の裸を目の前にすると、見てごらん18センチだよ。愛してるよ」と口説けるのに。

目撃者の情報によりますと
逃亡した犯人は、30代ぐらいの男で
ジーンズに黒のシャツを着ていた模様です。

身長は170センチぐらいで、ウエストは95センチ。

ちょっとおセンチな体型です。



[ 2008/05/10 02:17 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■いつも一緒 


今日は娘と二人で川へとハイキング。

妻と離婚して以来、こいつには辛い思いをさせてきた。
まだ5歳なのに、しっかりした女に育ってやがる。

こいつが眠っている間にオレは仕事に向かい
こいつが眠った頃に仕事から帰ってくる毎日。


「私は大丈夫よ、寂しくなんかないよ」


こいつはオレを気遣って、いつも笑ってこう言う。
しかしまだ5歳の女の子だ。寂しくないわけがない。

だから休日くらい、こいつを楽しませてやらなければ。
そう思って、今日は娘と二人で川へとハイキング。

オレの背中には、早くから起きて作った弁当。
料理は苦手だから、ほとんどがレトルトだけれども。

娘の右手は、オレの手をしっかりと握り
左手には、大好きなクマのぬいぐるみを抱きしめている。

このぬいぐるみは、オレの代わりなのだ。
オレの代わりにこいつを慰めている立派な家族。

このぬいぐるみを大事にしているのを見るたびに
やっぱりこいつはまだ5歳の女の子なのだと思う。


「ごめんな、お母さんがいなくて寂しいだろ?」

「ううん、お父さんがいるから寂しくないよ」


そんな会話をしながら、弁当を広げた。
色彩センスのない弁当を、嬉しそうに食べる娘。


「お父さん、こんなところにぬいぐるみが落ちてる」

「ほう、誰かが忘れていったんだろうね」

「あ、これワンちゃんだ」

「持ち主が戻ってくるかも知れないから、そのまま置いておきなさい」

「うん、わかった」


普段、会話をする時間が無いので、何を話していいのかわからない。
ぎこちない空気の中、時間だけが過ぎて行く。


「それじゃ、そろそろ帰ろうか?」

「うん、お父さん楽しかったよ!」


暮れゆく太陽の下、林道に停めた車までの帰り道。
こいつの、こんなに楽しそうな笑顔は初めて見た。

相変わらず、小さな手でオレの左手をしっかりと掴んでいる。
そして左手には、クマのぬいぐるみが、無い?


「あ、クマのぬいぐるみ忘れてきたんじゃないのか?」

「ううん、忘れたんじゃないよ」

「でも、クマのぬいぐるみが無いじゃないか?」

「ううん、置いてきたの」

「え? 置いてきた?」






これでいつも一緒

「うん、ワンちゃんが一人ぼっちで寂しそうだったから」


「そっか、じゃあ新しいぬいぐるみを買って帰ろうな」

「ううん、お父さんがいるからもういらない」


いつの間にか、こいつも大きくなっちゃって。
繋いだ左手が、さっきよりギュっと強く、そして温かく。

今日の夕焼けは、いつもより美しく見えた。



[ 2008/05/08 03:26 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(9)

■美味しんぼ 


海原雄山

うむ。

この味、この歯応え、この香り、まさに究極。



[ 2008/05/08 03:25 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■お前が一番熱い 


「ふざけんなテメェ!」

「やんのかコラッ!」

まぁまぁまぁ、落ち着けよお前たち。
そんな顔を真っ赤にして、何ケンカしてんだよ。

「田原の野郎が生意気なんだよ!」

「生意気なのはお前だろーが野村!」

まぁまぁまぁ、落ち着けって。
ここはオレに免じて、もうケンカはやめろ。

「かかってこいよ田原!」

「上等だよ野村!」

やめろって、やめろってば!

「うっせえ!」

「止めるんじゃねーよ!」



やめろって言ってんだろーがコラッ!!!!!!





近藤マッチ

「あっ! 近藤!!」

「お前が一番熱くなってんじゃねーか!」



[ 2008/05/07 08:28 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■遠いところへ行きたい 


人に飼われるのはもう嫌だ






もう嫌だこんな会社






塾になんて行きたくないよ






母ちゃんのいない世界へ

現実から逃げちゃダメだ。



[ 2008/05/07 04:12 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■ほーら、パパ凄いだろー!? 


父 「・・・」

子供たち 「で?」



[ 2008/05/07 04:03 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■傘の中は特別な空間 


この傘、お前のじゃないじゃん!

傘の中は特別な空間。

その中に入れるのは、自分と、大事な人だけ。

だから、降りしきる雨を嘆くよりも

今は、一緒に傘の中にいる時間を楽しもう。

やがて雨が好きになる。



[ 2008/05/07 00:36 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■製紙工場 


あ、洋子? 洋子じゃない!?

あ、真奈美? 久し振り!

え、洋子はこの近所で勤めてるの?

そ、そうよ、この先の製紙工場で働いてるのよ。


へぇ、製紙工場って(パルプの)ニオイがキツいって聞くけど。

ああ、最初はつらかったけどすぐに慣れるわよ。

やっぱり洋子も紙を作ったりしてるの?

うーん、作るってより出してるんだけどね。

出荷担当?

うん、ある意味出荷担当。


でも手が荒れたりしないの?

うん、でも手袋してるから大丈夫よ。

そっか。

うん、終わったら手洗いもして消毒もしてるからね。

消毒も?

うん、念入りに。


そっか、じゃあ結構お給料貰ってるんじゃないの?

いや、私はバイトだからね。

そっか、じゃあ時給になるの?

いや、時給じゃなくて完全歩合。

歩合?

うん、1本幾ら。


あ、もうこんな時間だ! 遅れちゃう!

あ、ごめん洋子! 出勤中だったのね。

うん、でも製紙工場はすぐ近くだから。

じゃあ、またね洋子。

うん、ばいばい!




そっか、洋子もお仕事頑張ってるんだな。
私もいつまでものんびりしないで、お仕事探さなくちゃな。

びっくりしたなぁ、あの洋子が製紙工場で働いているなんてね。
高校時代は「アタシ、将来は手タレになりたい!」なんて言ってたのに。

洋子は綺麗な手をしているからなぁ。
あの夢通りに、手のモデルになっているのかと思っていたわ。

あれ? 
それにしても、この辺に製紙工場なんてあったかしら?





まずは梱包を剥いてと

その頃、洋子は3本目の精子を出荷していた。



[ 2008/05/06 23:32 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■思い出のペアカップ 


大好きだった彼女と別れて、もう半年になる。
無駄に部屋を占めているこのダブルベットで、ひとり眠る事にも慣れてきた。

だけど、ふと気を抜いた瞬間に君を思い出すんだ。
僕の身体は半分が水分で、残りの半分は今も君で出来ている。

どんなに忙しくても、何をしていても、常に君を思い出すんだ。
だってこの部屋には、君の思い出がいっぱい。

ふたりで選んだ白いソファー。

青い生き物のぬいぐるみ。

電池の切れた赤い目覚まし時計。

緑色した入浴剤。

下手くそだった目玉焼き。

一緒に行った映画の半券。

キリンが逆立ちしたピアス。

誕生日にプレゼントした半袖と長袖のシャツ。






もう1回だけでもしたい

お揃いで買ったペアカップ。

そして、大きなおっぱい。



[ 2008/05/04 12:43 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■標識 


お友達お誘いの上

「急げ! 先着40名までおっぱいが見れるらしいぜ!」


惜しい、実は40代のおっぱい。



[ 2008/05/04 10:42 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■言いたい事も言えないこんな世の中じゃ 


小さな頃からずっとそうだった。
気の弱さから、言いたい事が一度も言えなかった。

中学時代は、嫌な事を嫌と言えず
不良連中に遣いっぱしりにされてばかりだった。

高校時代は、好きな気持ちを伝えられず
大好きだったあの娘を、いつも後ろから眺める毎日だった。

大人になっても、気の弱さは克服できず
新聞の勧誘も断れずに、今では3社も契約しているし。

自分の意思を伝えると、人に嫌われる気がしちゃって。
それなら貝になって、我慢して微笑んでた方がまだ楽だ。

でも僕は男だ。このままではいけない事はわかってる。
でも言えない・・・言えないんだよなぁ・・・。





あの・・・・・・

ああ、今日もまた降りそこねた・・・。



[ 2008/05/04 09:41 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(6)

■ブタ箱 


よぉ新入り、挨拶くらいしたらどうだい。
お前もこの世界の男なら、この刺青の噂くらい聞いた事あるだろうよ。

そうか、お前も傷害でパクられたのか。
まぁ任侠の世界で生きているのなら、それも勲章ってやつよ。

まぁここでは大人しくしてな。
確かにブタ箱生活は辛い事ばかりだが、半年でシャバに出られるからよ。

ほら、看守がオレを呼びに来たみたいだぜ。

じゃあ、お先にシャバで待ってるぜ。
短い間だったが、お前らとは兄弟だ。
シャバで出会ったら酒でも交わそうぜ。

じゃあな、お前らも頑張れよ。





知らぬが仏

「16番、出荷だ!」



[ 2008/05/04 08:40 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■ピース 


スタンバイOK

え、2万円でいいの?



[ 2008/05/04 03:40 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■人生のハードル 


頭を下げて潜り抜けろ

生きてるんだから、辛い事も必ずあるさ。
越えなければならないハードルもたくさん現れる。

でもそのハードルがどれだけ高かろうが
決して越える事を諦めてはダメだ。

越えなければ、そこに立ち止まってしまうのだから。
それ以上、前には進めないのだから。

ただ、飛び越える事だけを考えるのではなく
時には潜り抜けてもいいんだからね。

ハードルはそんな風に作られているのだから。



[ 2008/05/04 03:39 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■二股 


おい、お前、オレの事が好きじゃなかったのかよ!?

やめろ、オレの女に手を出すんじゃねえ!!

なんだよ、やるってのか!?

やってやろうじゃねーか!!


大体、お前はどっちが好きなんだよ!?

そうだぜ、他に男がいるなんて聞いてねーぞ!!





白い部分が汚い

白黒はっきりさせろよ!!



[ 2008/05/04 03:39 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■びっくり 


しかもスーツなのに

ズボンで拭くな!!



[ 2008/05/04 03:38 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■キノコ狩り 


チンコ詰めろや

モロッコで盛んに行われています。



[ 2008/05/04 03:36 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■ロシアン便器 


まさに運

どれかひとつだけ蓋を開けてごらん。

この中のひとつだけが正解。

それ以外はうんこが流されていない。



[ 2008/05/04 03:35 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■ぶーん 


気になる


蚊がおる。



[ 2008/05/02 01:42 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。