プレゼント オレ日記 2008年08月
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■それでもオレはタバコを吸いたいんだ 


オレが死んだら、線香の代わりにタバコをあげてください。

それでもオレはタバコを吸いたいんだ。

それを中毒と呼ぶなら呼べばいいし、軽蔑するならすればいい。それでもオレはタバコが吸いたいんだ。あなたの心が誰かを求めているように、オレの心がタバコを求めているだけなのだ。

タバコが身体に悪い事は知っているし、もちろん他人に危害を加える事だって知っている。自身の健康管理は自己責任、人に迷惑を掛けないように楽しみましょう。それでいいじゃないか。

世の中にはマナーとルールを守って喫煙している人もいるんだよ。ヘビースモーカーのオレが代表を務める会社だって、社内ではきちんと分煙しているし、禁煙の場所ではタバコは吸わない。今やパチンコ屋でも、左右両隣の人が火をつけるまでタバコは我慢する事にした。

ただでさえ、タバコを吸いにくい世の中になっているんだ。全席禁煙の居酒屋だって存在するし、タバコを吸っているという事実だけで冷たい目線で見られている。でもそれは喫煙している人間に与えられた試練だとして、正面から受け止めているんだ。

それでもオレはタバコを吸いたいんだ。だから綺麗な吸い方をする。あなたの大嫌いな喫煙者の中には、正しく嗜んでいる人もいる事を覚えていて欲しい。国で定められた物を、定められた吸い方で楽しんでいるだけ。それでもあなたが軽蔑するなら、オレはあなたを軽蔑する。

一部の喫煙者はそれだけ気を遣っているんだ。あなたの為に。だからタバコを吸わないあなたは、あなたの為にオレ達を避けて欲しい。正しい喫煙を行なっている人に近付くのは、あなたの自己責任。自分の健康は自分で守ろう。交通量の多い車道を堂々と歩くか。ライオンが潜むサバンナを堂々と歩くか。スラムを全裸で堂々と歩くか。

オレはタバコが大好きだ。しかしタバコが大嫌いだ。換気していない喫煙室では吐き気がするし、マナーを守らない喫煙者には苛立ってしまう。タバコを愛しているオレでもそれなのだから、タバコを吸わないあなたの気持ちは痛いほどわかる。

しかし現在の“喫煙者=悪”の風情には嫌気がする。猟奇殺人者がアニメを好きだったからといって、アニメ好きが全て犯罪者か。ゲームオタクが人を殺したからといって、ゲームオタク全てが殺人予備軍なのか。犯人は塗装業だからといって、塗装業は立派な職業ではないのか。

あなたがしている事はつまらない差別だ。この世からタバコが無くなっても、次のスケープゴートを探すに過ぎないのだ。あなたがタバコの煙なのではないか。それによって害を受けている人もいるはずだ。

タバコが悪いなら、排気ガスはどうなる? じゃあ車も禁止にしろよ! なんて言うつもりは更々ない。この世にある全てのものに無駄なものなんて何も無いんだ。少なくとも誰かの役には立っているんだ。それが偶然あなたにとって気に入らないものだっただけ。

もっと喫煙者はマナーを守るべきだ。喫煙は免許制度にするべきだ。正しい喫煙者が喫煙しやすい世の中にする為なら、どんどん値上げしてもらっても構わない。喫煙しにくい世の中になったのは、喫煙者のせいである事をもっと理解しなきゃいけない。

この世からタバコが禁止されたら、もう吸うものは乳首とポコチンしかないんだから。オレはポコチンよりもニコチンが吸いたいんだ。



スポンサーサイト
[ 2008/08/12 09:29 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(9)

■友達の条件 


ウキウキ

「これ捨てたいんだけど手伝ってくれない?」


困った時に力を貸してくれるのが友達です。





遺棄遺棄

「これ捨てたいんだけど手伝ってくれない?」


秘密は決して漏らさないのが、最高の友達です。



[ 2008/08/06 15:27 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■亀の気持ち 


あっちにしようかな?

はっきり言って、迷惑なんすよね。


昔の誰かが、亀に乗ったら竜宮城に行けるなんて言いだすから。
小遣い稼ぎでそんな本を書いちゃうから。


こっちの気持ちにもなってくれよと言いたいんすよ。
はっきり言って、迷惑してるんすよね。


別にイジめられてたわけじゃないし。
助けてくれたのなら、謝礼くらいは包むけどさ。


街を歩いてました。普通に生活してました。
そこで知らない人に突然背中に乗られてみ。


それで「竜宮城まで連れてけ」って言われてみ。
あなた方の世界だったらキレるでしょ。


こっちはキレるわけにはいかないんすよ。
逆切れされて、ひっくり返されたら終わりなんで。


だいたい竜宮城なんて、どこにあるんすか。
ファッションヘルス竜宮城なら知ってるっすけど。


そこにも美女がたくさんいるらしいっすけどね。
そこも時間を忘れて楽しめるらしいっすけど。


でも5分前にはブザーがなるらしいっすよ。
40分なんてあっという間ですからねぇ。


そんで白い煙ならぬ、白い液体が出るらしいっすけど。
気持ちいいのはやっぱり「裏スジだろう!」なんつって。


それで帰る頃には、おじいさんみたいに前かがみになって。
腰が曲がったのか、まだ勃っているからなのかは知らないっすけど。


それはそうと、重いんすけど。
誰か助けてくださいよ。



[ 2008/08/06 10:24 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■目がハートになっちゃった 


うほっ!

うおっ! 一目惚れ!!



[ 2008/08/06 10:22 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)

■ダイヤモンドをキミにあげる 


オレの拳は、誰かを傷つける為にあるわけじゃない。
キミを守る為に、この拳は存在しているんだ。


オレの足は、何かを蹴る為にあるわけじゃない。
キミをどこかに連れて行く為に、この足は存在しているんだ。


オレの眼は、誰かを睨む為にあるわけじゃない。
キミを見つめる為に、この眼は存在しているんだ。


この口は、誰かを罵倒する為にあるわけじゃない。
キミに愛を伝える為に、この口は存在しているんだ。


この牙は、誰かを痛める為にあるわけじゃない。
キミの大好きな花を届ける為に、この牙は存在しているんだ。


今日はキミの誕生日、キミの大好きな花をあげる。
ダイヤモンドよりも綺麗な花を、ダイヤモンドよりも大事なキミにあげる。


日に焼けた黒い肌は、汗まみれになったけれども
長い距離を歩いて、足はガクガクになったけれども


あともう少しでキミに逢える。
あともう少しでキミの笑顔に逢える。


この花の花言葉は“永遠”
いつまでもキミのそばに居れますように、そう願って。


あともう少しでキミに逢える。
あともう少しでキミの笑顔に






「捕まえた!」

「あ、クワガタ見っけ!」

「黒いダイヤモンドだし、高く売れるんじゃね!?」



[ 2008/08/06 10:20 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。