プレゼント オレ日記 ■この世で1番怖いものは自由
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■この世で1番怖いものは自由 


ご自由にお読みください

もしも、これをご自由に、あまりにもご自由に触りまくる女子高生がいたならば、僕は、僕は腹部にマッキーで下方向の矢印を描き、僕は、僕は胸に「ご自由におさわりください」と記し、僕は、僕はそのままの格好で街をご自由に、あまりにもご自由に歩きまくる。

すると、すると女子高生は僕の、僕のご自由をご自由におさわりまくるから、僕は、僕はご自由になったご自由におさわりされてるご自由を、更にご自由にしてしまうだろう。僕は、僕は周りの人々の「ご自由過ぎるよそれはー」という視線を感じながら、あまりにもご自由におさわらせまくる。

ゾウのうんちをご自由におさわりすると、なかなかニオイが消えない。ご自由に手を洗っても、なかなかニオイが消えない。しかし、僕の、僕のご自由にさせたい部分は、とてもメルヘンで懐かしい昭和のニオイだから、ご自由に、ご自由におさわりくださいと胸を張って言える。

人間は元々、裸で生活をしていた。それが文明が発達し、ナイロンとポリエステルを発明したおかげで服が生まれた。僕は、僕はナイロンとポリエステルを心から憎む。人間は元々、自由だった。しかしナイロンとポリエステルが適量なパーセンテージで混合されてから、人間は裸になることが自由ではなくなったのだ。

今の人々はご自由に服を着ている。生産者はご自由にナイロンとポリエステルをご自由に混合させ、販売者はご自由にナイロンとポリエステルが混合された服をご自由に売り、消費者はご自由にナイロンとポリエステルが混合されている服をご自由に着る。しかしそれは本当のご自由だろうか。

自由とはあくまでも自由であり、今の自由とは決められた範囲内での自由でしかない。このゾウのうんちを展示した職員は「ご自由におさわりください」と広告してあるが、それは「軽く持ち上げたり、指で突っつく程度だろう」という、想定された中でのご自由である。つまり常識として定められた中での「ご自由」である。

そこで、そこでだ、もしも誰かがご自由におさわりすぎて、身体中にゾウのうんちを塗りたくってしまったとしよう。週末はそんな趣味の人が、跡形も無くなるまで、あまりにもご自由におさわりしてしまったとしよう。すると次の方はご自由におさわりする事が出来ないではないか。

その職員はそこまで想定して、ご自由におさわらせするつもりだったのか。いや、そこまでご自由には考えていなかっただろう。すると、これは本当のご自由ではなく、定められた範囲内でのご自由なのである。つまりそれはご自由ではないのである。制限されたご自由なのだ。

それはゾウのうんちに限らず、例えば「ご自由にお持ち帰りください」と書かれた無料求人誌。それをご自由にも度が過ぎて、全て持って帰ってしまうと注意されてしまうだろう。「ご自由すぎるよー」と怒られてしまうだろう。例えば「ご自由にお飲みください」と書かれた飲食店の冷水器。そこにホースを繋ぎ、外の駐車場で洗車をすると「ご自由すぎるよー」と怒られてしまうだろう。

その理由は、他の人に迷惑をかけてしまうからだ。ご自由にお持ち帰れる無料求人誌を全てご自由に持ち帰ると、他の人が就職難になってしまう。ご自由にお飲み出来る冷水器にホースを繋ぐと、他の人が飲食店で渇死してしまう。

つまり、ご自由と名付けられたご自由は、社会の中で他人と上手に共存していける範囲の中でのご自由なのである。良く人間は「カモメになって自由になりたい」とか「オレは自由じゃー」とか言うけれども、それは自由であっても本当の自由では無い事に気付くべきなのである。所詮、法律や道徳の範囲内での自由なのである。

人間は発明をするたびに、自由の範囲が少しずつ増える。自動車を発明する事により、少しだけ行動の自由が出来た。電波の構成を発明する事により、少しだけ自由に電波を使用する事が出来た。洋服を発明する事により、少しだけ自由に個性をアピールする事が出来た。飛行機を発明する事により、少しだけ自由に海の向こうに行く事が出来た。

しかし人間は発明をするたびに、自由の範囲が少しずつ狭まる。発明に伴い、新しい法律や道徳が生まれてしまうからだ。自動車は定められたスピードの中の自由であり、備えられた標識に従った中での自由。電波は定められた資格の中での自由、そして著作権や常識を守った中での自由。

洋服は定められた露出度の中での自由、場合によってはレストランに断られたり、職務質問や逮捕をされてしまう。飛行機は国に届出をして許可された中での自由、行きたい国に行けない事もあるし、飛行機を個人で所有してても自由に海を渡れない。

気が付けば、孫悟空がお釈迦様の手のひらの上だった様に、自由と思える行動も、実は何かの手のひらだったりする。だから僕も「自由」という言葉には、毎度毎度困ってしまう。旅行の自由行動なんて、何をしたらいいのかわからない。自由時間だからといって、テロ活動をすると怒られてしまうだろう。「だって自由行動って言われたもん」なんて言い訳が通用するとも思わない。

だから自由は恐ろしい。もしもこの世の全てが自由になれば、人の物を盗むのも自由、人を殺すのも自由、駄菓子屋で売ってる爪楊枝の先についた黄な粉モチを食べて、爪楊枝の先っぽが赤く塗ってあれば当たりでもう1本貰えるのだが、外れてもその爪楊枝で歯茎を刺して、血で赤く染まった爪楊枝を駄菓子屋の婆ちゃんに出して「お、当たった」と言ってもう1本貰うのも自由になってしまう。

つまり今の犯罪者と呼ばれる人々は、自由な行動をしてしまったのだ。自由に物を盗み、自由に人を殺してしまったのだ。確かに人類には自由が保障されているが、何度も言う様に"定められた範囲内での自由”なのだ。その範囲を飛び越えてしまうから犯罪者と呼ばれて逮捕、場合によっては殺されてしまう。

だから自由は恐ろしい。人は決められたルールの中で生きるのが1番なのだ。だから、この世で1番怖いものは自由である。自由ほど怖いものは存在しない。自由じゃないから僕たちは上手く生きていける。

でも僕の股間はご自由におさわりください。ご自由に感じますので、どうぞ無料でご自由におさわりください。でもあんまりご自由におさわりすぎますと、ご自由に透明な何かが出ますので気を付けてください。やっぱりこれも定められた範囲内での自由なんだよなあ。
スポンサーサイト




[ 2007/11/19 07:24 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(8)
男性にも自由に触れさすんですか?
[ 2007/11/19 23:19 ] [ 編集 ]
このブログご自由すぎるよー
[ 2007/11/20 02:53 ] [ 編集 ]
と、透明?
疲れてるのね…あなた…(-.-)y-~~~
[ 2007/11/20 08:53 ] [ 編集 ]
コメの書き方がウザィ
[ 2007/11/20 20:50 ] [ 編集 ]
今日のは個人的に今までので一番好きっす。

「ご自由すぎるよー」
[ 2007/11/21 00:53 ] [ 編集 ]
「自ら」に「由る」と書いて「自由」なんですよ。
[ 2007/11/21 05:53 ] [ 編集 ]
長ゲェよ…


またくるねーノシ
[ 2007/11/21 23:24 ] [ 編集 ]
面白かったですw
[ 2007/11/29 17:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。