プレゼント オレ日記 ■美術館にて
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■美術館にて 


こちらは、イタリアルネサンス期の彫刻家で有名なミケランジェロが制作した「ロンダニーニのピエタ」という作品です。死んだイエス様を抱きかかえて、悲しみに暮れている聖母マリア様の姿を表現しています。


「あ、すいません! 美術館内は撮影禁止になってますんで!」


すいません話が途切れました。
みなさんも撮影はご遠慮願いますね。

えーっと、ミケランジェロはシスティナ礼拝堂の天井画を制作していた時に、上を向いて作業を続けた為、筆から垂れた絵の具が目に入り、視力を失ってしまったと伝えられています。

よってこの作品は、毛髪等、細部に至るまで彫り込まれていますが、全ては手探りにて制作されているのです。


「ねえねえ、ガイドさん」


あら、どうしたの坊や?
お姉さんのお話が少し難しかったかしら?


「ペンと紙を貸してくれない?」


あら、退屈になってお絵かきでもしたくなったのね。
いいわ、貸してあげる。


「違うんだよガイドさん、せっかく良いお話を聞かせてもらっているから、忘れないようにメモしたいんだ」


あら、坊や偉いわね。
じゃあお家に帰った時にお留守番のお爺ちゃんとお婆ちゃんにも教えてあげてね。


「うん!」


じゃあみなさん、次に移動します。こちらは19世紀を代表する彫刻家、オーギュスト・ロダンが制作した「考える人」です。何かを悩んでいるように思われますが、実は地獄の中を覗き込み、苦悩している姿を表しています。


「すまんが、ガイドさんや」


あら、どうしたんですかお婆ちゃん?
少し解説が早口でわかりにくかったでしょうか?


「私にもペンと紙を貸してもらえんでしょうか?」


はい、お婆ちゃんどうぞ。
お婆ちゃんもメモを取って、お孫さんに教えてあげてくださいね。

はい、それでは次のブースに移動しまーす。
みなさんバラバラにならないようについて来てくださいねー。

あれ? 

さっきのお婆ちゃんが見当たらない。
お婆ちゃんどこに行ったのかしら?





婆さん妄想中

「デッサンなら大丈夫よね・・・」
スポンサーサイト




[ 2008/02/13 01:50 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)
ばぁちゃん、若いなぁw
[ 2008/02/25 14:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。