プレゼント オレ日記 ■小さなカメラマン
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■小さなカメラマン 


へへん、やっと買ったぞ。憧れのカメラ。

小さい頃からお年玉も使わずに貯金してさ
学校が終わったら遊びもせずにコーラの空きビンを回収してさ
駄菓子屋のおばちゃんが空きビンを10円と交換してくれてさ。

毎日毎日それを繰り返して、もうどれだけ経っただろう。
牛乳パックで作った貯金箱も10円玉でいっぱいになった。

そうしてやっと買えたカメラ。
だって僕の家庭は貧しかったからさ。

僕のお父さんは、僕が幼稚園の頃に豆腐の角に頭をぶつけて死んじゃってさ。
それ以来、お母さんは女手ひとつで僕と妹を育ててくれている。

お母さんは朝から夜中まで働き続けて、家にはまったく帰って来ない。
でも僕たちの為だもん。淋しいなんて言わないよ。

朝は食品工場で餃子を作るパートをしているんだけど
なぜか最近は工場が暇らしくて、あまりシフトに入れて貰えないみたい。

夜は公園で働いている。
公園で知らない男の人とトイレに入って3千円貰う仕事をしている。
トイレの中で何をしているかは教えてくれない。

真夜中に帰って来て、疲れ果てて眠りに就くお母さん。

本当はもっとおしゃれとかしたいんだろうけど
毎日同じ服を着て、僕たちには何ひとつ不自由ない生活をさせてくれる。

僕ももっとお母さんとお話したり、遊んだりしたいんだけど
僕がそんな事を言ったら、お母さんはきっと悩んじゃうから。

とても優しいお母さん。
僕が小学校1年生の時、先生のカメラを借りて撮った遠足での写真。
お母さんは「とても上手に撮れているわね」と褒めてくれた。

そんなお母さんに僕が出来ること。

運動も苦手だし、勉強もまったく出来ない僕。
だから今から写真の勉強をして、将来は有名なカメラマンになりたい。

そして少しでも早くお母さんを楽にしてあげたいんだ。

その頃には妹もきっと高校生くらいで
お母さんひとりの収入じゃ苦しいだろうしね。

それに今度の日曜日は、久し振りにお母さんとお出かけなんだ。
なんでも近くのデパートに有名人が来るらしいんだ。

お母さんはその有名人が大好きだから
僕がこのカメラでお母さんの為に写真を撮ってあげるんだ。

きっとお母さん、喜んでくれるだろうな。
早く日曜日が来ないかな。


(そして日曜日)


お母さんどこに行ってたの! 早く早く!!


ごめんね、ちょっとトイレでお仕事してたのよ。


あ、お母さん! あそこに有名人が!!


きゃー! かっこいい! きゃー!!


お母さん叫んでる場合じゃないよ! 写真撮らなきゃ!!


そうね! 写真撮らなきゃ!!





ギブギブ

お父さん・・・もうすぐそっちに行くね・・・。
スポンサーサイト




[ 2008/02/21 05:48 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。