プレゼント オレ日記 ■ヒョードル最強論
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■ヒョードル最強論 


エメリヤーエンコ・ヒョードル

総合格闘技のリング「PRIDE」にて1/60億の頂点を極めたロシアの格闘家。ヒョードルは霊長類の中でその実績通り最強だと思う。昆虫の中ではカマキリが最強だと思う。お隣の範馬刃牙さんがそう言いよった。

ヒョードルの魅力は、どんな相手でも一撃で倒す太い腕から放たれる打撃技。

しかし、それだけでは霊長類最強にはなれない。打撃だけで最強になれないのはボクシングの西島洋介やK-1のステファン・レコが証明している。同じくK-1からPRIDEに参戦しているミルコ・クロコップが、寝技対策を重点的にトレーニングしているのがその理由になるだろう。

そう、ヒョードルは打撃だけではなく、寝技のスペシャリストでもあるのだ。

ロシアの国技にサンボという格闘技がある。サンボとは柔道とレスリングを組み合わせた様な、関節技主体の組技系格闘技。ヒョードルはロシア国内で何度も選手権優勝を果たしているのだ。

戦慄の打撃と、熟練された寝技の技術。それが最強を支えているのだ。

ゴングが鳴るや否や、落ち着いた表情で相手の出方を見る。相手の動きに合わせ、空気を切り裂くような素早く重いパンチを切り出す。ダメージでふらついた相手に組み付き、足を払って倒す。寝転んだ相手に飛び乗り、圧倒的優位と言われるマウントポジション(馬乗り)の体勢を取る。

その体勢から殴る、殴る、殴る。相手の心が折れるまで殴る、殴る。

これが勝利の方程式。


そしてフィニッシュは



とろけちゃうからや・・・やめて・・・

クチビル固め。

もう相手はヒョードルにZOKKON。
スポンサーサイト




[ 2006/05/20 00:22 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)
これも今度やる
[ 2006/05/20 00:23 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/05/20 16:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。