プレゼント オレ日記 ■すり抜けろ!
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■すり抜けろ! 


リアルだったら死ぬな…。

昔々オレがワイルドだった頃、車なんてナンパな機械よりもバイクが大好きな時代がありました。そのバイクはアメリカンというイージーライダーに出てくるハーレーのようなワイルドなバイクでした。国産だけど。ハンドルなんて頭より高い位置にあって、フロントフォークが長く、前輪が遥か彼方にあるようなバイクでした。

オレも当時はワイルドだったので、フレアジーンズと財布は長いチェーンで結んでライダースなんか着ちゃったりして、もちろん骸骨マークのサングラスをかけて咥え煙草で運転してました。サングラスしないと煙草が目に染みちゃうんだよね。いくらワイルドだって火種が風で飛んできたら危ないし。

そして天下無敵な勢いで国道のど真ん中をたらたらと走るのです。マフラーが溶けてしまう程、ボンボンボンボンと大きな破裂音を立てながら。でも自宅は田舎の閑静な住宅街なので、ワイルドなオレは夜中に家に帰る時は、家の500m先でエンジン切って押して行く程のワイルドっぷり。これがご近所と上手く付き合うワイルドな秘訣。

そんなワイルドなオレにも悩みがあって、その悩みとはこの相棒。この相棒が運転しにくいの。ハンドルやらフロントフォークやらローダウンやら何やらかんやらしちゃったので運転がしにくいのです。深いカーブや切り替えしの度にドキドキなんです。そわそわしちゃうんです。あまりにも運転しにくいからコケてしまいそうで。終いには「曲がれ!」なんて願っちゃう始末。これぞワイルド祈願。

そして何よりも緊張したのがすり抜け。すり抜けとはこの画像の様に、渋滞や信号待ちの時に、車と車の間をひょろひょろとすり抜けて先頭に出ちゃおう的テクニックなのです。車にぶつけない様に慎重に慎重に「ちょっとワイルドなオレが通りますから動かんでねー!じーっとしとってねー!」とワイルド祈願をしながら慎重にすり抜けるのです。バイクってのはスピードが出てる時の方が安定するんですよ。逆にゆっくり進んでる方がバランス取れないんですね。しかもこんな運転しにくいバイクだし。さすがにこの瞬間だけはワイルドなオレもワイルドドキドキ。略してワイルドドキド。

もう時効だからあれだけど、ある晴れた日の朝、急いでたオレを待ち受けていたのは渋滞という名の渋滞でした。まるで渋滞のような渋滞。ワイルドなオレは普段は急いでてもすり抜けは使わないんですよ。怖いから。いや、怖くないもんっ。でもその日はどうしても急いでたし、うんこも漏れそうだったし思い切ってすり抜けをしてみたのです。むしろすり抜けをするしかなかったのです。うんこ漏れそうだったし。ワイルドうんこがワイルド限界だったし。

そろーりそろーりと慎重に真っ直ぐ進みながら、腕なんか筋肉痛になるんじゃないかという程ガチガチに力入れてハンドル固定しちゃったりして。そしてもちろん「ハンドル動くな!ハンドル動くな!」とワイルド祈願。ワイルドの神様は願いを叶えるのに大忙し。ごめんなワイルド神。

もうもの凄い集中力ですよ。街で見かけたかわいい女の子のジーンズにうっすらと立体になって見えるパンティラインを把握する時くらいの集中力ですよ。ギルガメッシュナイトを夜中にこっそり見てる時に、家族の物音が立った瞬間、一瞬にしてチャンネルを変える程の集中力ですよ。わかりやすく言えば、もし世界集中力コンテストが開催されたらベスト16に入るか入らないかくらいの集中力ですよ。

そんなに集中しながらゆっくりゆっくりと少しずつ進んでるのに、バックミラーには真後ろにベタ付けしてるバイクが映るんです。早く行ってくれよ的表情で睨んでくるライダーがいるんです。お前ケンカ売ってんのかこの野郎。すり抜け終わったらそのケンカ買ってやるから、今だけはちょっと静かに待っててくれませんか。ちょっと今は集中してるんで、あんまりプレッシャーかけないで。ワイルドだけどドキドキしてっから。

でもそのワイルド交渉は成立せずに、ますますプレッシャーかけて来るんです。その瞬間、張り詰めていた緊張がプツッと切れて、ハンドルグラグラしちゃって車のサイドミラーにごっつんこ。あらあらこれは運転手さんカタギじゃない自由業のお方。はじめましてこんにちは、そしてごめんなさい。でも僕は逃げます。

「それはもの凄い集中力でしたよ」「いや、無我夢中というのでしょうか」(当時のインタビューより抜粋)逃げなきゃ太平洋に沈められると瞬時に察知したオレはアクセル全開フルスロットルで車と車の間をすり抜けました。もうプロ並のテクニック。その時は世界すり抜けコンテストで敢闘賞貰えるくらいのテクニック。心の金メダル。人間、死ぬ覚悟だったら何でも出来るんだね。

もうその日以来、どんなに急いでてもすり抜けはしてません。そしてちゃんとバイクの免許を取ろうと心に決めました。
スポンサーサイト




[ 2006/06/28 01:06 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)
免許おおお
[ 2006/07/01 23:30 ] [ 編集 ]
そこまできて無免許か!w
[ 2006/08/25 11:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。