プレゼント オレ日記 ■想いは次元を凌駕する
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■想いは次元を凌駕する 


信じることを信じる

神様の意地悪で生まれつき目の見えない十七歳の少女。真っ白な包帯に包まれた光すら届かない世界で、誰よりも明るく、そして誰よりも元気で。

「海に行きたい」

僕は彼女の手を握り、夏の太陽が本気になる前に、誰も知らない秘密の海岸へと連れてきた。

「海はどれくらい広いの?」

海の広さはそうだ、君が両親から与えられた愛。その愛の次に大きく広いんだよ。

「じゃあとても広いんだね」

ああ、とても広いよ。

「海はどれくらい深いの?」

海の深さはそうだ、君が愛した恋人への気持ち。その気持ちの次に深く透き通ってるんだよ。

「じゃあとても深いんだね」

ああ、とても深いよ。

「海はどれくらい塩辛いの?」

海の塩辛さはそうだ、君が愛する人の為に流した数々の涙。その涙の次に塩辛いんだよ。

「じゃあとても塩辛いんだね」

ああ、舐めてみるかい。とても塩辛いだろ。きっと海は誰かの涙なんだろうね。

さあ、そろそろ帰ろうか。

そして少女は再び部屋に篭もり、その日から七日間、何十枚、何百枚とひたすら画用紙に海の絵を描き続けた。見えないはずの海を、見たこともない海を。

僕はその絵を見て驚愕したんだ。部屋中に散乱した画用紙には、今まで見たこともない美しさの海。どんな実在する海よりも澄んでいて、輝ける七つの海よりも青く。

少女の部屋には海が広がっていた。無数に散らばる海の絵により、少女の部屋に海が現れていた。

その中でも一番大きな画用紙に描かれた海。その海には白い水しぶきと、何層にも広がる波紋が描かれている。

先ほどから姿の見えない少女。そうか、自分で描いた海に飛び込んだんだな。

想いは次元を凌駕したんだ。
スポンサーサイト




[ 2006/07/31 21:35 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(25)
ほんとにこれだけの文才で
食っていけると思う。
これからも頑張ってください。
[ 2006/07/31 23:37 ] [ 編集 ]
どうしたの急に…
[ 2006/08/01 00:31 ] [ 編集 ]
すてきですね。。。
[ 2006/08/01 01:27 ] [ 編集 ]
涙 出ました。
[ 2006/08/01 01:36 ] [ 編集 ]
うん、いいんだけどさ、最後までオチを待ちながら読んじゃってたからさ。。
[ 2006/08/01 02:25 ] [ 編集 ]
いい映画を観た後のような気分になりました。
笑ったり癒されたり涙出たり、
オレ日記は私にとって貴重な場所です。
ゆーきさんいつもありがとう。。
[ 2006/08/01 06:05 ] [ 編集 ]
どこかの作家さんじゃないかと疑ってしまいます。きれいな文章ですねぇ。もし本を出されたら読んでみたいですか。
[ 2006/08/01 10:23 ] [ 編集 ]
↑すいません間違えました。読んでみたいです。でした。
[ 2006/08/01 10:24 ] [ 編集 ]
ふーん(・3・)
[ 2006/08/01 13:30 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006/08/01 14:33 ] [ 編集 ]
使い回すなよwww
[ 2006/08/01 14:43 ] [ 編集 ]
海を知らない少女が海に憧れたけど、泳ぐことは危険だからオレは泳がせない。

だから海の絵を描いて、その海に内緒で飛び込んだ。それが憧れの海に対する想い。

文章が下手だから伝わらないと思いますが、そんな行間を読んでもらえる文章を書きたいのです。

あと、毎回オチをつけるのも面白くないし、オチをつけてもどーせ華麗にオチやしやがらないので、たまにはフェードアウトしていく様なメルヘンも交えて行きたいのです。

まあプロでも有料サイトでもないので我慢して生温かく見守ってください。
[ 2006/08/01 17:56 ] [ 編集 ]
マジでなんか本出した方が良いと思いますよ。
羨ましい程の文才ですよ。
…正直、まぁオチは期待してましたけど笑
[ 2006/08/02 02:56 ] [ 編集 ]
ゆーきさんは、言葉のボキャブラリーが多いんでしょうね。羨ましい…
[ 2006/08/02 10:45 ] [ 編集 ]
この写真は湖ではうわ何をすクァw背drftgyふじこlp
[ 2006/08/02 11:08 ] [ 編集 ]
よかったっスよ♪


実は一年ぐらい見てますが初めてコメントします。


オチ有りもこういうのも楽しみにしてますんで♪
[ 2006/08/02 11:21 ] [ 編集 ]
こころの美しい人の想像だけで描いた海・・・どんな海だろう。これでオチてないの?
[ 2006/08/02 12:35 ] [ 編集 ]
>泳ぐことは危険だからオレは泳がせない。

ゆーきさんの温かさが感じられるコメントですね。
[ 2006/08/02 17:26 ] [ 編集 ]
あー、ヤボかもしらんが、彼女は何処へ?
[ 2006/08/02 19:21 ] [ 編集 ]
返答ありがとうございまっす(・∀・)!
普段ズバッとさらっと明快だったけれど今回のは繊細にあえて主張せずだったんですね。
疑問思ったのは文中での想いが薄いのでなくあたしの読み取り足らずみたいでした。
わざ②2人のほんわかメルフェンに解説さして失礼しました(oωO`)まだメルフェンに入り込める子供心でいたかった━…。羨ましいです+.゚
これからもいろんなん書いてください。是非
[ 2006/08/03 11:56 ] [ 編集 ]
盲目の少女がどうやって絵を描いたっていうんだ。
描けたしても、描こうとしたものをキャンパスに表すことは無理。
[ 2006/08/04 05:34 ] [ 編集 ]
君はまったく夢が無いなぁ。

僕はその絵が青一色でも黒一色でも、それは綺麗な海の絵だと思うけど。

絵の具はね、特に油絵の具は成分が違うから臭いで色がわかるんですよ。

ちなみに下記リンクは盲目の画家が描いた作品です。

無理と言うのは簡単です。己の想像で否定せずにもっと知識を取り入れましょう。

僕の文章は笑い飛ばして結構なので、Armaganの絵を見て少しでも感動してもらえたら幸いです。

Esref Armagan
http://www.armagan.com/paintings.asp
[ 2006/08/04 08:06 ] [ 編集 ]
盲目なのか!いいものありがとう。
[ 2006/08/04 08:59 ] [ 編集 ]
うるっときました
[ 2008/10/27 05:04 ] [ 編集 ]
素敵過ぎます。良すぎる。良すぎるだぜ!

感動しました。神すぎる。神すぎるだぜ!

ほんとにいいです。いいですだぜ!・・・照れるぜ!
[ 2009/11/14 12:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。