プレゼント オレ日記 ■お婆ちゃんのロマンス
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■お婆ちゃんのロマンス 


その時、景色は真っ赤に染まって、彼女の愛した男は小さな星になった。
積み重ねた人生、男の思い出も、その一瞬の光と音で全て消えたのです。

その時、心は真っ白に染まって、彼女の溢した涙は冷たい雨になった。
これからの人生、二人の約束も、その一瞬の光と音で全て消えたのです。

あなたが好きだと言った、小さなピンクの花、旅立つ前に渡した小さなピンクの花。
空から降り落ちる白い雪は、まるでその花びらの様です。

その時、彼女に生命が宿って、男の愛情は小さな命になった。
頭を掻く癖も、照れた時の笑顔も、私が愛したあなたに瓜二つなのです。

その時、この子は旅立ちを迎えて、二人の大事な宝は国の希望になった。
泣いてばかりの記憶、小さな手のひらも、今では見違える程に逞しくなったのです。



お父さんの様に立派に

あなたが好きだと言った、小さなピンクの花、この子も愛した小さなピンクの花。
空から降り落ちる白い雪も、まるで喜んでいるかの様です。
スポンサーサイト




[ 2006/09/23 16:56 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(6)
何で?こんな話が考えられるの?
読みながら泣きました・・・
[ 2006/09/23 18:06 ] [ 編集 ]
泣いた
象徴的な色の描写とか文のリズムとか素敵すぎます。尊敬。
[ 2006/09/23 18:40 ] [ 編集 ]
[ 2006/09/24 00:06 ] [ 編集 ]
空がこんなに青い日は、貴男に会いたくなるのです。
雪が解けて消えてしまった今は、ただ空にある白い雲に願うばかりなのです。
今でも同じ空を見ていると信じて
[ 2006/09/24 10:06 ] [ 編集 ]
全米が泣いた
[ 2006/09/26 00:03 ] [ 編集 ]
文章巧ぇ
神がかり過ぎるだろ管理人
[ 2007/05/29 17:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。