プレゼント オレ日記 ■馬跳び
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■馬跳び 


うわっ!!

小学生の頃、馬跳びが流行ったもんだった。

友人が馬のように中腰になり、助走を付けてそれを飛び越える。跳び箱と同じ要領で、助走のスピード、そして手をつくタイミング。これをマスターすれば、本物の馬だって飛び越えられるさ。そう信じて、僕達は夕日の沈む校庭でサルのように毎日飛んでいたもんだった。まぁ本物の馬を飛び越える機会も意味も無いんだけど。

部活の練習でもやらされたもんだ。集団で円状の馬になり、それをひたすら飛び越えて行く。飛んだ人間は馬になり、馬だった人間は飛んで行く。カンカンに照る真夏の太陽の下で、その練習はハード以外の何者でも無かった。疲労で倒れる者、足が攣って苦しむ者、そしてそれに激を飛ばす者。何の意味があるのかわからない、根拠の無い練習。あれは地獄だった。まぁ、帰宅部だったので見てただけだけど。

僕が馬だった時代。僕が敵に背中を見せたのは、この時が初めてだった。常に冷戦が行なわれている戦地で生まれた僕は、敵に背を向ける事は、イコール死であった。誰から教わるでも無く、生きる為に自分で学んだサバイバル術。経験から身に付けた知識。しかし、死よりも体育教師が怖かったのでおとなしく馬になった。まぁ冷戦といっても帰りの会での女子との冷戦だけど。

今まさに自分の上を人が飛んで行く瞬間。中腰になり下を向いている横から、小刻みな助走の砂を蹴る音が聞こえる。十分なスピードに乗った友達が、いざ僕の背中に手を着こうとした瞬間、僕は靴紐がほどけている事に気付いた。そしてそれを結ぶ為、僕はしゃがみこんだ。まぁマジックテープの靴だったんだけど。

「うわっ!!」

着こうとした手の行き場を無くした彼は、トップスピードのまま、前のめりに地面へと顔面から突っ込んで行った。顔を擦りむいたのか、それとも鼻血なのか、それとも生理なのか判別出来ない程、そこには血が流れていた。これこそ合気の極意。僕は手を触れる事無く、相手の力だけを利用して、彼をノックアウトする事が出来た瞬間だった。これが後に伝わった「馬フェイント」である。かの宮本武蔵も、この「馬フェイント」で佐々木小次郎を倒したとか倒してないとか。

その日以来、馬跳びをしている連中の中から「うわっ!!」という声が消える日は無かった。比例して増える怪我人の数。保健室には毎日沢山の児童で溢れていた。治療を受ける者、痛みで泣き叫ぶ者、保健室の先生と関係を持つ者。この年をきっかけに、赤チンの消費量は年々右肩上がりだという(厚生省調べ)

しかし僕にもその日がやってきた。まさか「馬フェイント」を発明した僕までもが、保健室のお世話になるとは夢にも思わなかった。あれは忘れもしない小五の夏、いや、小四の秋、いや六年生の時だったっけ、まぁそこらへんの事だった。フェイントに引っかかった僕は、顔面を血だらけにして保健室へと向かった。

ドアを開けた瞬間に広がる薬品の香り。しかし、保健室の先生の姿がどこにも見当たらない。その時、換気の為に少し開けていたのであろう窓の隙間から強い風が入り込み、その風はベットを遮断したカーテンを捲くり上げた。捲くり上がったカーテンの向こうには、ベットの上で一人淫らな行為をしている保健室の先生の姿。僕はその場で固まってしまった。

「見てしまったのね」

肌けた看護服の間から見える先生の白い肌。柔らかそうな球体の膨らみ。張り詰めた静寂の中、僕の生唾を飲み込む音だけが響き渡る。僕は金縛りにあったかのように、その場から動けないでいる。そしてゆっくりと手招きする先生の右手。

ベットの方に二・三歩進むと、先生はガーゼで僕の額から流れる血を拭いてくれた。簡単な治療を済まされた後、僕はそのまま僕は押し倒されるようにベットへと運ばれた。そして先生は、

(中略)

もう九時だから会社に行かなきゃ。
スポンサーサイト




[ 2006/11/17 09:02 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(9)
いってらっしゃい。壮大にワロタw
[ 2006/11/17 11:50 ] [ 編集 ]
おサルさんの馬とびとはずいぶんかけはなれたお話になってしましましたね。
大変面白く読ませていただきました。
[ 2006/11/17 12:19 ] [ 編集 ]
あぁ!続き!くぅー んんー!
これぞ生き地獄
[ 2006/11/17 17:20 ] [ 編集 ]
ワッフルワッフル!
[ 2006/11/17 18:12 ] [ 編集 ]
よく1枚の画像だけでこのハイクオリティな文章考えれるなw
[ 2006/11/17 18:43 ] [ 編集 ]
ワッフルワッフルwwwwww
[ 2006/11/18 12:18 ] [ 編集 ]
よく考えられるおっお(´ω`)
[ 2006/11/19 10:00 ] [ 編集 ]
オチが見つからなかったんでしょ(・∀・)?
[ 2006/11/19 11:40 ] [ 編集 ]
今までで一番ショッキングな中略でした(笑)
[ 2006/11/19 19:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。