プレゼント オレ日記 ■スイミー
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■スイミー 


オレ、東京に行くから。

そんな話を聞いたのは、一昨日の事だ。幼き頃からの親友が、家庭の事情か宗教上の理由で東京へ行く。しかしオレ以外、誰も寂しがらなかった。彼には誰一人友達がいなかった。

あいつの友達はハトだった。ハトとテレビだけが友達だった。あいつは神社のハトに餌を与えるのが大好きだった。あいつはハトを愛するあまり、豚肉をハトに与えていた。それでよく神社の神社部長に怒られていたものだ。豚はちゃんと火を通さないと危ないと。

あいつは本当にハトを愛していた。ハトもあいつを愛していた。

あいつは餌に集まってきたハトを、片手で鷲掴みにするのが得意だった。マイク・タイソンはそれをトレーニングとし、動体視力と反射神経を鍛えているらしい。そんなテレビで得た知識で盛り上がりながら、オレらは朝まで語り合ったもんだ。


「ヘヘッ、オレはマイク・タイソンにも勝てるぜ」

「イヒヒ、新沼謙治にも勝てねぇよ馬鹿野郎」


そして東京へ旅立つ前夜、あいつからの別れの電話がかかってきた。


「明日、オレ、東京に行くから」

「何時の便だ、見送りに行くよ」

「来なくていいよ、どうせ誰も来ないんだし」

「オレらは親友だろ、オレだけでも見送りに行くよ」

「そっか、ありがとうな」


ついにあいつが旅立つ当日、オレはめんどくさくて見送りには行かなかった。ふと見上げた福岡の空、青い空も少しグレーに染まり、その色がとても悲しい色に見えた。そしてオレは薄いグレーの空に願った。あいつにも東京でたくさん友達が出来ればいいなと。

頭上に鳴り響く、ジェット機の轟音。



でもハトだもんな

そっか、あいつには友達がたくさんいたんだな。
スポンサーサイト




[ 2007/01/07 18:28 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)
いすぎっ!
[ 2007/01/08 08:38 ] [ 編集 ]
エンジンに入ってズタボロになりそうだが・・・
[ 2007/01/08 14:22 ] [ 編集 ]
飛行機食べられてるのかしら?
[ 2007/01/09 00:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。