プレゼント オレ日記 ■本当のお母さん
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
サラ、ファイン サラファイン
■画像がない日記はタイトルの前に▼マークが付いてます。画像探すのめんどい時です。

■あ、おひさしぶりです。

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

■本当のお母さん 


僕は温かい家庭に育った。

優しいお父さんと、いつも微笑んでくれるお母さん。おとといの誕生日には、ずっと欲しかったギャンのプラモデルを買ってくれた。ギャンのプラモデルを3体買ってくれた。ギャンギャンギャン。そんな何ひとつ不自由ない生活の中で僕は育っている。

晩御飯はいつも一緒。親子3人で食卓を囲み、テレビに笑ったり泣いたりしながら、お母さん自慢の料理を食べている。ときどき味付けに失敗するんだけど、それに文句ひとつ言わずに全部食べるお父さんも大好きだ。

それはある日の事だった。いつもの様に晩御飯を食べながらテレビを見ていると、懐かしいアニメが流れていた。とは言っても、僕はまだまだ小さいので懐かしいも何も、初めて見るアニメだったんだけど。

いつもは楽しい食卓なんだけど、そのアニメが流れてからというもの、明らかに食卓の空気がおかしくなった。お父さんはやたら御飯粒をこぼしてるし、お母さんなんて手掴みで食べ始めた。かなり動揺している。

僕はそのアニメに原因があると思い、もっとそのアニメを知りたくなった。だからツタヤでそのアニメのビデオを借りた。正式にいえば、僕はまだ幼くて会員証が作れなかったので万引きした。でも見終わったら返却ボックスに返すつもりだから許して神様。

そのアニメとは、みなしごハッチ。

ミツバチの子ハッチが、卵の頃に優しきお母さんバチに拾われ育てられたが、ある日自分がその種のハチではなく、ミツバチだという事を知り、本当の母親を捜して旅をする話。

つまり僕の本当のお母さんは、どこか別のところにいるんじゃないか。

僕は昨日、両親に聞いた。お父さんはそぼろをポロポロこぼしながら驚いた。お母さんは急に泣き出してしまった。そしてお父さんは床のそぼろを片付けながら僕にこう言ったのだ。


お父さんの子供を作る機能が病気になってしまってねぇ、お母さんは子供なんていらないって言ってくれてたんだ。本当は子供好きなのにさぁ。原因はお父さんにあるんだけど、それに愚痴すら言わないお母さんに何とか子供を作ってあげたいと思ってさぁ。

作ってあげたいけど、作ってあげる事が出来ないお父さんは、毎日お酒で酔う事で逃げちゃってさぁ。お母さんはそれにすら文句を言わないで、遅くなって何時に帰って来ても笑顔で迎えてくれたんだよ。そしてある日、養子の話が浮かんだんだ。

今まで黙っていてごめんな。でもお父さんもお母さんも、お前の事は本当の子供だと思っているよ。お前の本当のお母さんは、お父さんも知らないどこかにいる。そして本当のお母さんも、お前が今どこにいるのかも知らない。

確かにミツバチのハッチはお母さんを見付ける事が出来た。しかし、その旅は安易なものではなく、その旅を妨げる悪者に絡まれる事もあった。そして見たくはないものまで見る事になった。

この社会には、もっと悪い人たちもいる。お父さんもお母さんも、お前にそんな旅をさせるわけにはいかない。お前はお父さんの子供だ、これからもずっとそれは変わらない。そしてお前はハッチじゃないんだ、羽も無いし、アニメの様には上手く行かないんだぞ。


寝てた。お父さんの話がだらだらと長いのでいつの間にか寝てた。とりあえず明日の朝には旅に出よう。お父さん、お母さん、今まで本当の子供の様に接してくれて本当にありがとうございました。僕は1度でいいから本当のお母さんに会いたい。明日、僕は旅に出ます。

そう決心して眠りにつくと、枕元で誰かの声がする。薄目を開けて凝視すると、それは何かを持っているお母さんだった。


坊や、今まで黙っていてごめんなさいね。でもお父さんは何も悪くないの、悪いのは子供を欲しがったお母さんなの。だからお父さんの事は悪く思わないでおくれ。お母さんはいつかこの日が来ると思っていたわ、それが予想より早かっただけなの。だから心の準備は出来ていたわ。

お母さんもあのアニメを見るたびに心が痛んでいたの。だからこの日の為に用意はしていたわ。さぁ、坊や、これがついに必要となる日が来たのよ。明日、これを使って旅に出なさい。本当のお母さんはきっと、きっと見付かるから。

ただひとつだけ覚えていてね。

お父さんもお母さんも、心からあなたを愛していたから。



-明朝-



さぁて、非常に気まずい。

目が覚めると、枕元には新しい洋服が置いてあった。本当に僕を愛しているのか少し疑問になった。
スポンサーサイト




[ 2007/04/16 13:15 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(4)
可愛い子には旅をさせよ…ってね
[ 2007/04/16 14:04 ] [ 編集 ]
がんばってくださいね
[ 2007/04/16 16:34 ] [ 編集 ]
ワロスw
[ 2007/04/16 17:31 ] [ 編集 ]
いつも更新楽しみにしておりますw
頑張ってください。
[ 2007/04/17 15:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。