プレゼント オレ日記
FC2ブログ
素敵な画像でシャドーセックス。今夜もセックスマイセルフ。
■回覧板
■2020.5.11 読み返して恥ずかしい投稿を削除しています。

■恥ずかしがり屋さん 


あらあら、お久しぶりねぇ。
あらあら、お土産だなんて悪いわねぇ。


玄関で話すのもなんだから、上がって頂戴。
いいのよいいのよ、今お茶入れるからさぁ。


へぇ、夏休みはサンコンを見にギニアまで行ってたんだぁ。
そりゃ子供たちもいい思い出になったでしょうねぇ。


ん? うちの子供?
さっきまでいたんだけど、恥ずかしがって隠れてるのよぉ。


ちょっと待ってね。


ねー! タマおばちゃんが来てるわよー!!
ちょっと顔出しなさい!!


もう、うちのチビ達は恥ずかしがり屋だからねぇ。
本当に困ったもんよ。






恥ずかしいもん・・・

ほら! 早く出て来なさい!!






こんにち・・・は・・・

ほら! 挨拶しなさい!!






高いとこからすみません・・・

ほら! アンタはまた穴開けて!!






水っ! 水っ!

ほら! 頭が痛くなるわよ!!






やだ……

ほら! 殻に籠ってないで出て来なさい!!


ごめんなさいねぇ、みんな猫被ってて・・・。



[ 2008/07/31 01:12 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■腕立て伏せ 


43!


44!


45!


4…6…!


4………7………!


4…………………





んあっ! んあっ!




[ 2008/07/31 01:07 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■最近の人々は空気も場所も弁えずにどこでも写真を撮る 


ワシは死神。

人間を死の世界に招く、恐怖の存在。
今宵も人間の寿命を頂きに来たのじゃ。

どの人間を地獄へ連れて行こうかの。
ふぉっふぉっふぉ。

よし、まずはあそこを歩いている奴からじゃ。
奴を軽く殺してやるかのう。

お嬢さん、ちょいと宜しいかね。
ワシかね、ワシは死神じゃよ。

いえ、市役所の場所を聞いているのではありません。
残念ながらお前の命を頂きに来たのじゃ。

怖いじゃろ、怖いじゃろ。
一生に一度しか見る事が出来ないんじゃ、そりゃ怖いじゃろ。

携帯電話なんか取り出しても無駄じゃ。
助けが来る頃には、お前はもうあの世の3丁目じゃ。

じゃあ覚悟は出来たか・・・?





テロリロリーン♪

はい、チーズ!

うわー! 美白に撮れてるー!!
昔から色白だから、写真の写りがいいねって言われるの!

ってなんでやねん。

今からお前は殺されるんじゃぞ。
記念写真なんて撮ってる場合か。

まぁ、それもよかろう。
どうせ今から死ぬ運命じゃ、最期の思い出にするがよいわ。

じゃあ覚悟は出来たか・・・?






そのミクコレいいね!

うわ、足跡めっちゃついてる!
知らない人の足跡がめっちゃついてる! もうすぐキリ番!!

ってなんでmixiにアップしてんねん。

今からお前はこの世とのお別れなんじゃぞ。
日記なんか書いてる場合か。

まぁ、それもよかろう。
人間どもを恐怖のどん底に震え上がらせるがよいわ。

じゃあ覚悟は出来たか・・・?






え! mixiで不労所得!?

うわ、コメントがゼロ!
自分めっちゃマイミク多いのにコメントはゼロやん!

ってなんでやねん。

なんでマイミクが業者だらけやねん。
お前、もうちょい友達作れや。

まぁ、それもよかろう。
誰も悲しませずにこの世を去れるって事じゃ。

じゃあ覚悟は出来たか・・・?






かわいか!

うわ! この犬めっちゃかわいいやん!!
これチワックス? これチワックスやろ!?

ってなんで飼ってる犬の写メ見せよんねん。

今からお前は死ぬんじゃぞ。
もう1回言うぞ、今からお前は死ぬんじゃぞ。





オス? メス?

ちょっともう1回見せて。



[ 2008/07/28 21:41 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■自殺しようと思う 


生きる事に疲れたみたい

死にたい。

何の為に生きているのだろうか。
きっといつか死ぬ為に生きているのだろう。

生きる事がこんなに苦しく、そして辛いのならば
いっそ死んだ方が楽なのではないか。

今までは生きる為に、様々な決断をしてきた。
それなら死を選ぶ事も許してくれてもいいよね。

そして人生、最後の決断。
どの手段でこの命を散らせようか。



首吊り自殺はちょっと困る。

ネクタイ締めるだけでも首が苦しいのに
縄をかけるなんて、そんなの我慢出来るわけがない。

死んだ後は、体液や便を垂れ流すらしいし。
最近、便秘だからそれは気まずい。

大人用おむつでも買って、その時に穿いておこうかな。
でもレジの店員が若い女の子だったら、恥ずかしくて死ぬわ。
だから首吊り自殺は無理無理。


ガス自殺もちょっと困る。

焼肉屋でも煙でちょっとむせるのに、練炭なんて無理無理。
排気ガスも身体に悪そうだし。

今流行りの硫化水素だって、遺体が緑色になるんでしょ。
葬儀で従兄弟のチビから「ピッコロ」なんて言われたら死んでも死にきれない。
家庭用ガスも支払い滞って止められてるし、ガス自殺も無理無理。


入水自殺もちょっと困る。

コーラを一気飲みしようとして、「ウエッ」ってなるじゃん。
その「ウエッ」の時点で呼吸が出来ないのが入水自殺でしょ。

プールの水を飲んでも死ぬほど苦しいのに
それが海の水だったら、しょっぱくて飲めないっての。

中耳炎だから、あまり水に入らない方がいいと先生にも言われてるし。
だから入水自殺は無理無理。


凍死もちょっと困る。

ただでさえ冷え性で悩まされているのに。
クーラーも冷房にせずにドライにしてるのに。

それに、こっちでそんなに寒い場所はない。
冷蔵庫に入るにも、そんなに冷蔵庫は大きくない。
昨日コストコで買った食材でパンパンだから無理無理。


服毒自殺もちょっと困る。

オエッってなる。
薬を大量に飲むにも、錠剤が飲めないから無理。

毒なんて苦そうだしね。
コーヒーもブラックじゃ飲めないってのに。
だから服毒自殺は無理無理。


リストカットもちょっと困る。

週刊誌読んでて指を切っただけでも、めっちゃ痛いのに。
血が苦手だから、流れる血を見るだけでショック死するわ。


だから切腹もちょっと困る。

盲腸の手術でも我慢出来ないほど痛かったのに。
職業が武士じゃなくて良かったと、心から願っているのに。
だから痛い系の自殺は無理無理。


飛び込み自殺もちょっと困る。

勝手に自殺するのに、人に迷惑かけちゃダメでしょ。
電車に飛び込んだりしたら、みんな遅刻しちゃうよ。

それで始末書を書かないといけない人もいるかも知れないし
会社をクビになっちゃう人もいるかも知れない。

デートに遅刻する人もいるかも知れないし
それで恨まれちゃったら死んでも死にきれない。
だから飛び込み自殺は無理無理。


飛び降り自殺もちょっと困る。

飛び降り自殺は、落ちて行く時に気を失うらしいね。
でも、高い所が得意だから気を失う自信がないのよ。

だから地面に落ちる瞬間まで意識があると思うのね。
「うわ、めっちゃ地面が近付いて来よる!」みたいな。

一旦飛び降りたら、もう後悔しても遅いじゃない。
飛び降りたら最後、もう死ぬしかないじゃない。

18階建てのビルから飛び降りました。
落ちている最中に、6階の社長室でオフィスラブの現場を目撃しました。
それだとね、6階から地面までの間、めっちゃ後悔すると思うのよ。

しかも結構、運動神経には自信があるから
地面に激突する瞬間に、猫みたいにクルッと。
なので飛び降り自殺は助かる可能性が大きいから無理無理。


焼身自殺もちょっと困る。

暑がりだから。
火は危ない。おねしょする。


銃自殺もちょっと困る。

近所のホームセンターでは銃なんか売ってないし
手に入ったとしても、銃じゃ死ねない。

映画なんかじゃ、口に銃を咥えて自殺するシーンあるじゃない。
そして引き金を引いて、弾が頭を突き抜けてくれればいいけどさ。

運悪く、身体の中につるつるっと入ってったとしよう。
そうしたら、身体をくねらせながら横腹をトントンを叩いて、口からポンっ。
人間ポンプの金魚みたいに、口からポンっ。

客席、大歓声。
スタンディング・オベーション。映画化決定。


と、考えると「これだ!」と思える自殺方法がない。



どうやって死ねばいいんだ。
死ねないじゃないか。

どうやって死ねばいいんだ。
どれも危ないじゃないか。

それならば生きた方がまだ楽だ。
そう思った。



[ 2008/07/28 09:39 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(11)

■同僚 


おつかれー。

もう休憩上がるの?


いや、ちょっと昼メシを買いに。



[ 2008/07/18 01:04 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■手術の日 


お母さん、僕は何の病気なの?

「何の病気でもないわよ、安心して」


嘘だい! 何で内緒にするんだよ!

「何の病気でもないから、安心しなさい」


じゃあ何で僕は病院に連れて行かれるんだよ!

「お願い、お母さんの言う事を聞いて」


何で健康なのに手術しなきゃいけないんだよ!

「大丈夫だから、すぐに終わるから」


どうせ僕は病気で死んじゃうんだ!

「いいから、お母さんを信じなさい」


何で秘密にするんだよ! 僕は何の病気なんだよ!


僕は大きくなって、綺麗な子と結婚して
いっぱい子供を産んで、幸せな生活を送りたいんだよ!


でも僕は死んじゃうの? 何の病気なの?
何で僕は今から手術をしなけりゃいけないの!?


教えてよお母さん! 何の手術なのか隠さないで教えてよ!






「その夢、無理よ」

「大丈夫、ただの去勢よ」



[ 2008/06/19 01:47 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(8)

■優柔不断 


画像は意味なし

世の中の全ては白か黒しかないんだよ。

なのにお前はいつも灰色を選ぶ。

カレーうどんみたいな性格しやがって。



[ 2008/06/16 01:01 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■新合体必殺技「田口」 


ミド 「ぼ、勃起しちゃう!」

新合体必殺技「田口」

デンジレッドがもう少し頑張れば新合体必殺技「田口」

デンジグリーンの股間丸見え新合体必殺技「田口」

田口先輩の兄ちゃんはヤクザやけんね。

だから怪人も震え上がる新合体必殺技「田口」



[ 2008/05/13 04:36 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(4)

■日本球界の決断 


審判は常に正確で無くてはならない。

誤審は決して許されない。

たった1度の裁定ミスが、ゲームの行方を大きく変える。

それだけ審判という職業は、責任重大なのだ。


しかしここ数年、日米問わず、野球界では誤審が相次いでいる。

審判自体のレベルが低下しているのだ。

だが審判の裁定は絶対である。

例えそれが明らかな誤審であったとしても。


プレイしている選手は必死なのだ。

この日の為に、血の滲む練習をしているに違いない。

最高のプレイをしても、誤審により涙を飲んだ選手も数知れない。

しかし1度下された判定は、もう2度と覆らないのである。


それにより日本球界は大ダメージを受けていた。

誤審の多さにより、選手やファンが審判への不信感を抱くようになった。

審判を裏で操る影の黒幕の存在すら、囁かれるようになったのである。

結果、野球人口は減少し、次第にファンも離れて行った。

当然、視聴率も低下し、冠スポンサーも相次いで撤退を始めた。


そこで日本野球連盟は緊急会議を行なった。

その会議には審判団も出席し、毎晩遅くまで会議は続いたという。

そして満場一致で決定した対策方法。

“審判60人制度導入”





やる気なし

まず、各塁に審判を15人ずつ配置する。

それにより計60人、120個の目で確実な判定を行なう事が可能となった。

微妙な判定の際は、多数決によって決定される。

審判にボールが当たった場合は、アブラ虫としてノーカウントになる。


日本野球連盟は、審判を多数雇用し、人件費として多額の予算を組んだ。

年間にして数億円の痛手となるが、背に腹は代えられない。

その努力が報われてか、誤審は明らかに減る事となった。

そして日本球界は、かつての賑やかさを取り戻す事が出来た。


一方アメリカは、ビデオ裁定を導入した。



[ 2008/05/13 04:35 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■名前の由来 


恩田くん、店長が呼んでいたわよ。

うわ、嫌な予感がする。
あのハゲ店長嫌いなんだよな・・・。

早く行かないと、また怒られちゃうわよ。

そ、そうだね、行ってくる。



おいアルバイトの恩田くん。
ちょっとこの植物を表に陳列してくれないか。

あ、すみません伊藤店長。
今から休憩に入るんですよ。

ふーん、店長の命令が聞けないってわけ?
キミの代わりは何人でもいるんだよ。

わ、わかりましたよ伊藤店長。
今すぐ陳列しておきます。

あ、あと値札も貼っておいてね。
えっと、税込み180円で書いててね。

あ、はい、わかりました・・・。
これは何という植物なんですか?

知らないよ、そんなの。
発注は本部が一括してやってるからな、

と言われましても困りますよ。
値札に商品名も書かないといけないじゃないですか。

そんなの適当に書いてろよ。
何かそれっぽい名前書いてろ。

そんな事言われても困りますよ。
伊藤店長が決めてくださいよ。

うるせえよ、お前が書けって言ってんだろ。
オレは今から休憩に入るんだよ。

あ、はい、わかりました・・・。
本当に名前は何でもいいんですね。

いいって言ってんだろうが! しつけーな!
頭にパっと浮かんだ言葉でも付けてろ!

あ、はいっ!





浮かんだ事、浮かんだ事っと。

恩田くん、店長が呼んでいたわよ。



[ 2008/05/10 21:12 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■ヒツジと岩 ~ヒツジの肉はラムですが、ロックといえばラムーです~ 


しまった

やばい、ミシって音がした。

やばい、これは落ちる。
少しでも体重を軽くしないと非常にやばい。

そうだ、この毛を刈ろう。
すると体重も軽くなって、負担も少なくなる。

結局毛を刈るのなら、あの時逃げなきゃ良かった。
メリーさんに刈らせときゃ良かった。


やばい、またミシって音がした。


あ、あんなところに通りすがりの床屋さんが!
お、おーい!!


「これは大変だ! 今助けてやるからな!」


ちょ、ちょっと待ってください!
この岩はギリなんです! ミシって音がしよるんです!

だからこっちには来ないでください!
少しでも重みが増した時点で落下してしまいます!

だから毛を刈って、少しでも軽くしたいんです!
そこにタイミングよく、通りすがりの床屋さんが現れたのです!


「じゃあ、私が刈ってあげよう!」


ちょ、貴様何回も言わせんな!
こっち来たら落ちるって言ってんだろうが! このアイパー野郎!

だから自分で刈るから、自分で刈りますから!
そのお腰に付けたバリカン(スキカル)を貸してください!


「よ、よーし! じゃあ投げるぞ!」


おう! ばっちこーい!


「せやっ!(バリカンを投げた音)」


「とりゃ!(バリカンを受け取った音)」


「あー!!(重みで落下していく音)」



[ 2008/05/10 02:25 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■いつも一緒 


今日は娘と二人で川へとハイキング。

妻と離婚して以来、こいつには辛い思いをさせてきた。
まだ5歳なのに、しっかりした女に育ってやがる。

こいつが眠っている間にオレは仕事に向かい
こいつが眠った頃に仕事から帰ってくる毎日。


「私は大丈夫よ、寂しくなんかないよ」


こいつはオレを気遣って、いつも笑ってこう言う。
しかしまだ5歳の女の子だ。寂しくないわけがない。

だから休日くらい、こいつを楽しませてやらなければ。
そう思って、今日は娘と二人で川へとハイキング。

オレの背中には、早くから起きて作った弁当。
料理は苦手だから、ほとんどがレトルトだけれども。

娘の右手は、オレの手をしっかりと握り
左手には、大好きなクマのぬいぐるみを抱きしめている。

このぬいぐるみは、オレの代わりなのだ。
オレの代わりにこいつを慰めている立派な家族。

このぬいぐるみを大事にしているのを見るたびに
やっぱりこいつはまだ5歳の女の子なのだと思う。


「ごめんな、お母さんがいなくて寂しいだろ?」

「ううん、お父さんがいるから寂しくないよ」


そんな会話をしながら、弁当を広げた。
色彩センスのない弁当を、嬉しそうに食べる娘。


「お父さん、こんなところにぬいぐるみが落ちてる」

「ほう、誰かが忘れていったんだろうね」

「あ、これワンちゃんだ」

「持ち主が戻ってくるかも知れないから、そのまま置いておきなさい」

「うん、わかった」


普段、会話をする時間が無いので、何を話していいのかわからない。
ぎこちない空気の中、時間だけが過ぎて行く。


「それじゃ、そろそろ帰ろうか?」

「うん、お父さん楽しかったよ!」


暮れゆく太陽の下、林道に停めた車までの帰り道。
こいつの、こんなに楽しそうな笑顔は初めて見た。

相変わらず、小さな手でオレの左手をしっかりと掴んでいる。
そして左手には、クマのぬいぐるみが、無い?


「あ、クマのぬいぐるみ忘れてきたんじゃないのか?」

「ううん、忘れたんじゃないよ」

「でも、クマのぬいぐるみが無いじゃないか?」

「ううん、置いてきたの」

「え? 置いてきた?」






これでいつも一緒

「うん、ワンちゃんが一人ぼっちで寂しそうだったから」


「そっか、じゃあ新しいぬいぐるみを買って帰ろうな」

「ううん、お父さんがいるからもういらない」


いつの間にか、こいつも大きくなっちゃって。
繋いだ左手が、さっきよりギュっと強く、そして温かく。

今日の夕焼けは、いつもより美しく見えた。



[ 2008/05/08 03:26 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(9)

■お前が一番熱い 


「ふざけんなテメェ!」

「やんのかコラッ!」

まぁまぁまぁ、落ち着けよお前たち。
そんな顔を真っ赤にして、何ケンカしてんだよ。

「田原の野郎が生意気なんだよ!」

「生意気なのはお前だろーが野村!」

まぁまぁまぁ、落ち着けって。
ここはオレに免じて、もうケンカはやめろ。

「かかってこいよ田原!」

「上等だよ野村!」

やめろって、やめろってば!

「うっせえ!」

「止めるんじゃねーよ!」



やめろって言ってんだろーがコラッ!!!!!!





近藤マッチ

「あっ! 近藤!!」

「お前が一番熱くなってんじゃねーか!」



[ 2008/05/07 08:28 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■傘の中は特別な空間 


この傘、お前のじゃないじゃん!

傘の中は特別な空間。

その中に入れるのは、自分と、大事な人だけ。

だから、降りしきる雨を嘆くよりも

今は、一緒に傘の中にいる時間を楽しもう。

やがて雨が好きになる。



[ 2008/05/07 00:36 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■思い出のペアカップ 


大好きだった彼女と別れて、もう半年になる。
無駄に部屋を占めているこのダブルベットで、ひとり眠る事にも慣れてきた。

だけど、ふと気を抜いた瞬間に君を思い出すんだ。
僕の身体は半分が水分で、残りの半分は今も君で出来ている。

どんなに忙しくても、何をしていても、常に君を思い出すんだ。
だってこの部屋には、君の思い出がいっぱい。

ふたりで選んだ白いソファー。

青い生き物のぬいぐるみ。

電池の切れた赤い目覚まし時計。

緑色した入浴剤。

下手くそだった目玉焼き。

一緒に行った映画の半券。

キリンが逆立ちしたピアス。

誕生日にプレゼントした半袖と長袖のシャツ。






もう1回だけでもしたい

お揃いで買ったペアカップ。

そして、大きなおっぱい。



[ 2008/05/04 12:43 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■人生のハードル 


頭を下げて潜り抜けろ

生きてるんだから、辛い事も必ずあるさ。
越えなければならないハードルもたくさん現れる。

でもそのハードルがどれだけ高かろうが
決して越える事を諦めてはダメだ。

越えなければ、そこに立ち止まってしまうのだから。
それ以上、前には進めないのだから。

ただ、飛び越える事だけを考えるのではなく
時には潜り抜けてもいいんだからね。

ハードルはそんな風に作られているのだから。



[ 2008/05/04 03:39 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)

■各地でデモが発生している模様です 


こちら現場です

“あと5分だけ寝かせろデモ”が各地で相次ぎ発生しています。



[ 2008/04/12 11:20 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(4)

■勃たザル 


はぁ・・・。

ごめん、どうしても今日は勃たない。


気にしないで、きっと疲れてるんだよ。


うん、ごめん。本当にごめん。


でもどうしたのかしらね、いつもは咥えるとすぐ大きくなるのに。


ごめん、お詫びに今日はオレが咥えてあげる。


悪いな、今日はお前の番だったのによ。



[ 2008/03/24 08:35 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(3)

■お母さんにはわからない 


「いつまで寝てんの? ほらほら学校に遅刻するわよ」


ああ、眠たい。

ああもうベッドから出たくないよお。
この36度に温まった布団が気持ち良すぎる。
お母さんにこの気持ちがわかるもんか。


僕はしぶしぶベッドを出て、準備を済ませた。


あれ、今日履いて行こうと思ってたスニーカーが見当たらない。
今日は運動会の予行練習があるから、あのスニーカーを履くつもりなのに。


「あの靴は汚れていたから洗って干してあるわよ?」


ちょ、勝手に洗ってんじゃないよ!
運動会の為に買ってもらったスニーカーなのに!


「いつもの赤いスニーカーじゃダメなの?」


ちょ、違うんだよ! あれにはエアーが入ってないんだよ!!
お母さんにこの気持ちがわかるもんか!


「そんなに怒らなくったっていいじゃない」


もうお母さんなんて大嫌いだ!
乾いてなかったら許さないからな! 絶交だからな!!


-----------------------

お母さん、いつもの赤いスニーカー履いて行くよ。
さっきはあんなに怒ってごめんね。


「あれ、乾いてなかったの?」


いや、乾いてたよ。
でも僕は赤いスニーカーを履いて行くよ。


「あれあれ変な子ね」




わ、寝てた!

お母さんにこの気持ちがわかるもんか。



[ 2008/03/20 01:42 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(2)

■美術館にて 


こちらは、イタリアルネサンス期の彫刻家で有名なミケランジェロが制作した「ロンダニーニのピエタ」という作品です。死んだイエス様を抱きかかえて、悲しみに暮れている聖母マリア様の姿を表現しています。


「あ、すいません! 美術館内は撮影禁止になってますんで!」


すいません話が途切れました。
みなさんも撮影はご遠慮願いますね。

えーっと、ミケランジェロはシスティナ礼拝堂の天井画を制作していた時に、上を向いて作業を続けた為、筆から垂れた絵の具が目に入り、視力を失ってしまったと伝えられています。

よってこの作品は、毛髪等、細部に至るまで彫り込まれていますが、全ては手探りにて制作されているのです。


「ねえねえ、ガイドさん」


あら、どうしたの坊や?
お姉さんのお話が少し難しかったかしら?


「ペンと紙を貸してくれない?」


あら、退屈になってお絵かきでもしたくなったのね。
いいわ、貸してあげる。


「違うんだよガイドさん、せっかく良いお話を聞かせてもらっているから、忘れないようにメモしたいんだ」


あら、坊や偉いわね。
じゃあお家に帰った時にお留守番のお爺ちゃんとお婆ちゃんにも教えてあげてね。


「うん!」


じゃあみなさん、次に移動します。こちらは19世紀を代表する彫刻家、オーギュスト・ロダンが制作した「考える人」です。何かを悩んでいるように思われますが、実は地獄の中を覗き込み、苦悩している姿を表しています。


「すまんが、ガイドさんや」


あら、どうしたんですかお婆ちゃん?
少し解説が早口でわかりにくかったでしょうか?


「私にもペンと紙を貸してもらえんでしょうか?」


はい、お婆ちゃんどうぞ。
お婆ちゃんもメモを取って、お孫さんに教えてあげてくださいね。

はい、それでは次のブースに移動しまーす。
みなさんバラバラにならないようについて来てくださいねー。

あれ? 

さっきのお婆ちゃんが見当たらない。
お婆ちゃんどこに行ったのかしら?





婆さん妄想中

「デッサンなら大丈夫よね・・・」



[ 2008/02/13 01:50 ] ■画像 | トラックバック(-) | CM(1)